昨今の「バカ過ぎる教え」

生命保険営業の本質!

 このところ4〜5冊連続で「すげ〜な〜!」と思える本に出会えています。

 かつては3冊の本を並行して読んいたけど、今は2冊です。
 「お勉強本」と、寝る前に読むビジネス書以外の本。
 読書スピードが早まったので、以前よりも「積んどく本」の処理スピードも早くなりました。
 ただ、本を購入するスピードも早まったので、「積んどく本棚」の本の数は減りませんが(笑)。

 読書スピードが早まったのは、この本のおかげ。

☆「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」
 https://amzn.to/2BlSEmN

 こういうのが「真に役に立つスキル」と言えるのだろうね〜。
 有益な情報を仕入れる速度が増すのだから。


 最近読んだ「すげ〜!」の本の中には、いわゆる「古典」に属する本もあるけれども……いやいや、初版の日が10年、20年前だというだけで、とっても斬新で刺激的ですよ。
 ましてや、確実に他の業界から60年は遅れちゃっている生保業界に居る人にとっては、役に立つなんてもんじゃありません。
 書いてあることを自分のビジネスに「そこそこ」反映できたら、「年収2000万は当たり前」の世界に、すぐに行けるはずです。

 ただし!
 会社の教える「あなたを売れなくする、理論とは真逆の、間違った教え」に汚染されていると、そういう本を読んでも「生保セールスには使えない」なんて、とんでもない思考がすぐに芽生えちゃう。
 で、「こんな本を読んでいる場合じゃない!」と気持ちが焦り、着替え、靴を履き、外出しちゃう……。

 これこそ、「7つの習慣」の第3領域の「活動」ですよ。
 第1領域ではなく、第3領域。
 バイブルに「絶対にやっちゃダメ」と書かれている活動。
 それを会社は「やれ!」「増やせ!」と言う……。

 だから93%の生保セールスが廃業に追い込まれるのです。
 しかも、コロナ後の世界では、そうした活動は、これまで以上に「売れない行為」になっちゃうからね。

 私の名言。
 「靴を履いたら、単なる作業」
 「エンジン掛けたら、契約作業」


 でね、アホな先輩やマネージャーが、こんなこと、言わない?
 「ビジネスマンとして、日経ぐらいは読め」。
 まさに、ただ「それらしい」だけの、あなたの生産性を下げるアドバイスでしかありません。
 だって、新聞紙は役に立つけれども、新聞記事なんて何の役にも立たないもんね。
 20年前に書かれた良書の方が、はるかに最新の情報を伝えてくれますよ。

 アホな会社や指導者は、役に立つことは全然勉強しないくせに、くだらない「それらしく聞こえること」は、一生懸命に伝えるんだよね〜。
 例えば「ニード喚起」とか……。

 これ、それらしく聞こえるし、言うと、自分がお利口になったように感じちゃう。
 だから、アホほど偉そうに口にする。
 セミナーでは明確に伝えているけれども、生保セールスの世界に「ニード喚起」などという状況は、絶対に出現しないのですよ。

 同じ意味で、常にセミナーで声を荒げて怒るのが、「資料を指差すのは失礼。手のひらを上にして『こちらが』と言え」。

 これ、「会社で言われたことある?」と聞くと、今は多くの人が「はい」と言う……。
 そうすると、怒りがこみ上げて来て、声が荒くなっちゃうのよ。
 「ホント、これを最初に言い出した“キチ害”を探し出して、死刑にしてやればイイ!!!」

 これほどまでに、ムカつく、それらしい教えはありません!
 エラそ〜に!
 クサレバカがっ!!!

 一体、どこのどんな文献に、こんな「理論とは真逆」のことが書いてあるの?
 あるなら見せてみろや、このクソがっ!
 ちゃんとしたことは全然学ぼうとしないくせに、こういうアホなことだけはなぜか流布する!
 もう、バカすぎて、腹が立って、ムカついて仕方ありません。


 正しい本を読むと……20年前に刊行された本であっても、こういう「バカすぎ」のタワゴトとは次元の違うことが書かれています。
 でも、こういう腐り切ったバカの教えを信じちゃう人は、そうした本を読んでも「これが生保セールスに役立つの?」のレベルになっちゃう……。

 つまりは、「バカすぎるレベル」ということ。
 そんなレベルの人が、事業で成功するはずがないのです。