こんなあなたにこそ受講して欲しい!

2018.5.26|生命保険営業の本質!

Pocket

先日、ホームページに以下の記事を追加しました。
 https://oto-san.com/4693/

~~~~~~
【こんなあなたにこそ受講して欲しい!】

●子供が小さい内は少しでも長く一緒にいてあげたい、子供との時間を少しでも増やしたいと願うあなた(特にシングルマザー)。

 私の、生命保険セールスとしての最大の誇りは、「子供が小さかった頃に、こんなに長い時間一緒にいた父ちゃんって、滅多にいないだろうな~」です。それ以外にもプライズはいくつかありますが、でも、これこそが最大の「プライスレス」の喜びなのです。

 すべての会社、ほぼすべての指導者が、壊れた再生機のように「活動量!」「もっと、もっと!」ばかりを繰り返します。
 しかし、ほとんどの生保セールスは、1日8時間、週に5日程度は仕事をしています。
 そういう人たちに対して「もっと、もっと!」と言うのは、「売るのが第一! 子供なんか放置しておけ!」と言っているのと変わりません。

 それは明らかに「貧しさに根ざした」「幸せから遠のく」思考でしかありません。

 しかも、「子育てには最高の環境なのよ!」などというとんでもない嘘をついて地獄に引き入れ・・・実際は、夜のアポ、土日のワケのわからん動員イベントに駆り出され、挙句の果てには「採用していないから給料減らします」・・・まさに地獄ですよ。

 シングルマザーの場合は、その負担はもっともっと大きくなります。
 私自身、子供が12歳の時からシングルファーザーでしたから、実情はよ~くわかります。

 子供と一緒にいられる時間が少なくて、子供を放置せざるを得ない状況を強要されて・・・それでMDRTだの優績だのといったチープな数字で満足を得る・・・こんなもん、私にとっては「バカじゃネ~の!」でしかありません。

 「真の『時間の自由』を得て、短時間で楽しくしっかり稼いで、子供と一緒にいる時間を、他人に自慢できるほど増やしたい!」

 そう思うあなたに、私は受講して欲しいのです。
~~~~~~

 セミナーでは「人は、豊かさに根ざした考え方と、貧しさに根ざした考え方の、2つの選択肢を持つ」という、ジェフ・ウォーカーの言葉を紹介しています。

 貧しさに根ざした考え方ってのは「身を粉にして働いて」「活動量がすべて」「そして、時間の余裕と心の余裕をなくして」「おまけに友達までなくす」「体や心まで壊す」・・・「でも、保険が売れればいい」という考え方。

 これだと、少々金が入っても、どこまで行っても貧しい生活なのです。
 根本から変えなきゃダメなのですよ。

 なぜ生保セールスをやってるの?
 それは「豊かでゆとりある暮らしを手に入れるため」であり、その手段として、生保セールスほど有効なものはないのです。

 あなたはそれが分かっていますか?
 分かっていなかったら・・・どこまで行っても悲しい結果が待っています。

質問・感想をお待ちしています



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「16時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる12時間セミナー」

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL