廃業か、継続かの境界線

三洞の「これが言いたい!」

 昨日はスウ3の息子のトモローが、ギターとアンプを抱えて遊びに来ました。

 いや〜、夢中になれるものがあるって、イイよね〜。
 ず〜っとギターを弾いていたもんな〜。

 そんな様子をインスタにアップしたら……起きて見たら、ものすごくたくさんの「いいね」が付いていました。
 嬉しいな〜。

 で、今朝も私がギターを抱えている写真をインスタにアップしたんだけど……まずは、コメントにはこんなことを書きました。

〜〜〜〜〜〜
【見込み客発見】昨日はトモローのギターをずっと聴いていて「オレも少しは頑張って練習するかな〜」と思ったけれども、大事なのは「何のために?」と「何を?」ということ。

 もちろん楽しければそれでイイし、楽しくなかったら出来るはずがないんだけどね。これは生命保険営業と一緒。つらく苦しいやり方が続くはずがないし、上手くなれるはずもない。
 それに、少々練習して少々上手くなったところで、オレよりも上手い人なんて腐るほどいる。むしろ、オレより下手な人を探す方が難しいくらい(笑)。

 つまりは、考えなしにやっても「埋もれちゃう」し、「使えない」のよ。どうやって自分らしさを出して、上手い下手のレベルではなく、差別化するか……それを考えるのは、生保セールスの見込み客を発見するのとまったく一緒なのです。

 でも、ほとんどの生保セールスが、何も考えずに、「みんなと同じやり方(しかも、実証済みの「果てしなく売れないやり方」)をやってしまう。その結果、売れずに苦しむことになる。
 オレたち生保セールスは起業家であり、頭脳労働者なのだからね。自分の頭で考えることなしに、アホな教えに疑問も抱かずに従ってしまうなんてのは、起業家失格なのよ。だから廃業するのも当然なのです。

 ということで、ここまで書いたら「あ、メルマガにこの先を書こう」と思ったから、メルマガ、書きます!
〜〜〜〜〜〜

 と書いたから、「その先」の話を書きます。

 途中で(=〇〇)がたくさん出て来ます。
 思い出話を書いたって意味がないからね。
 見込み客発見につながる「キーワード」「マーケティング用語」を(=〇〇)の形で示唆します。

 「意味がわかんない」があればあるほど、あなたの「見込み客発見」の考え方が間違っているということ。
 受講生ははっきり分かるだろうから「自分の場合は?」と思考しながら読んで下さい。

 ……と、ここまで書いたら……ゴメンね、もう書くのをやめます(笑)。
 どう考えても膨大な文字量になってしまうことが判明しました(笑)。
 ここから先は「マーケティング・レター」10月号に書きます。
 大事なネタなので。
 お楽しみに〜。


 でも、これだけだと、メルマガ読者の方は不満だろうから、主旨だけ簡潔にお伝えしますね。

 世界のすべての会社が……どんな大企業だろうと、日々、必死になって「少しでも差別化を!」ということを考え、実行しているのよ。
 そして、企業規模が小さくなればなるほど、「市場に埋没してしまう」=「経営破綻」の度合いが強くなるのです。

 企業規模が小さくなればなるほど……あなたがやっているのは、最小単位の「1人ビジネス」だよね。
 ということは、埋没した途端、「売れネ〜」になるのは当然なの。
 これは単なる原理原則。ただし「不変かつ普遍の真理」。

 でも、会社にとっては、あなたは単なる使い捨ての駒でしかない。
 だから、面倒だから、画一的に「こうすれば売れる」という、理論とは真逆の「売れない教え」を押し付ける。
 まあ、実際は「正しい方法を教えられない」から、それを見透かされないように「それらしいこと」を言っているだけなんだけどね。
 でも、管理者側からすれば、その方が楽なのよ。
 ごく一部の「それでも売れちゃう人」だけが残ってくれればよいのだから。

 あなたが見込み客を発見したいのなら、努力すべきは「その他大勢の保険屋さん」と認識されないように、必死になって「売れない保険屋」との差別化を図ること。
 それが出来るかできないかが、廃業か継続かの境界線。

 これだけはしっかりと認識して下さい。