だから保険屋は嫌われる

あなたを売れなくする「間違った教え」

 ーーーーーーーーーーーー
 ☆【無料WEBセミナー】

 「人に嫌われることを我慢してやることなく、週4アポで年収2000万を得る方法」
 〜必ず失敗する「活量型セールス」からの脱却〜

 次回開催は12/17。
 無料ですが人数制限があります。
 今すぐ席を確保してください。
 ーーーーーーーーーーーー

 先週の金曜にはたくさんの受講生が遊びに来て、その翌日の土曜日には、従姉妹のお姉ちゃんが2人と子供たち3人が店に来てくれました。
 美人3姉妹で、男の子がいないから、おじちゃんおばちゃんもお姉ちゃんたちも、私と弟をとっても可愛がってくれました。

 お世辞抜きで美人3姉妹なのよ。
 今思えば、日光の片田舎の社宅のようなところにあんな3姉妹がいたら、目立って仕方なかったと思います。
 みんな、とってもおとなしい人なんだよな〜。
 おじちゃんがとっても物静かな人だったからな〜。
 とにかく10年ぶりくらいにお会いできて、20年ぶりくらいにゆっくりお話ができて、実に良い機会でした。

 〜 〜 〜 〜 〜 〜

 今読んでいるのは「正しいモチベーション」の本。

 あのね、まずは言っておくよ。
 単に「モチベーションアップ」などと言うのは、もはや1980年台に終わってるの。
 もしあなたの周囲にそんなことを言っている人がいたら、それは「固定電話しか見たことない人」なのだから、完全に無視しましょう。
 そんな時代錯誤の人の言うことなんか聞いたって、何の意味もないからね。

 基本を言うと、「モチベーション」とか「やる気」とかいうものを発動させなければできないことは、結局は「できないこと」「無理!」なのよ。
 頑張るだけ時間の無駄なのです。

 それを認識した上で……ですよ。
 理論と正しいやり方に沿って自己分析をすると、それでも「やりたい」「なりたい」「そうなったらホント嬉しい!」と思えることがいくつか出て来る。
 それは、「無理!」とあきらめずに、実現した方が幸せの量が増えるよね。
 そうなるためには脳科学的に(=無理なく)「どうすればよいのか?」ということを知り、実行する……これは「正しいやり方」なのです。

 〜 〜 〜 〜 〜 〜

 その本の、今朝読んでいた箇所に、
 「人前で話すのが苦手」
 「上司へのプレゼンの時に緊張してうまく喋れない」
 という例が出て来ました。

 このメルマガの冒頭に無料WEBセミナーの案内があります。
 土曜日に3回目をやったけれども……参加してくれた人は「よく喋るおっさんだな〜」と思ったことでしょうね(笑)。

 でも私は、かつては無口な子だったのよ。
 従姉妹のお姉ちゃんたちと一緒。無口で物静かな子でした。
 だから、ウチのトシくんも静かで手間の掛からない子でしたよ。

 高校2年生くらいになって、さらに無口になりました。
 カラオケなるものが普及する前の世代だから、人前で歌を歌わせられた時には、足が震えるほど緊張しました。
 よくもまあ、新橋のLIVEパブで、毎月、知らないサラリーマンのおっさんたちの前で、ギターを弾いたり歌ったりできるようになったものだと思います。

 だから、保険屋さんになると友人たちに言った時、「やめろ!」「お前には向いていない!」と言われたのも当然なんだよね〜。
 でも、そんなオレでも、ソニー時代だって成約率が9割を切ったことはありません。
 つまり、理論と練習で上達したということ。
 要は「モチベーション」とか「やる気」とかは関係なく、理論を知っているかどうかなのよ。

 〜 〜 〜 〜 〜 〜

 そんな私も……進化しています。

 かつて、他社主催のセミナー講師をしていた頃、「いつも時間ぴったりですね!」と言われたことがありました。
 他社から講師として招かれるということは、プロだということだからね。
 プロなら喋りながら時間調整して、定刻ピッタリに終わらせることができて当然です。

 ところが一昨日。
 冒頭の無料WEBセミナーで、ちょっと自分で驚いてしまいました。
 質疑応答を含めて最長90分を予定していたのに、喋り終わったら90分になっていた……。
 時間オーバーです。

 よほど熱を込めて語っちゃったんだろうな〜。
 そうなったのは「これを伝えたい!」と心の底から思っていたから。
 3回やったら言いたいことがどんどん噴出してしまって、気付くと90分が経っていたということです。

 要は、本音じゃないと伝わらないということ。
 いわば「心の声」が相手に伝わるのよ。
 ということで、ここで私が「悪しき洗脳」を解いてあげます。

 あなたが必死になってプレゼンテーションを行う。
 そこで必死になって「保障の大切さ」を語る。
 でも、それって、あなたの「心の声」じゃないからね。

 洗脳に麻痺して「いや、自分は心からそう思っている」なんて言う人もいるのでしょうね、きっと。
 でも、それが洗脳されている証拠。
 あなたの心の声は違うもん。
 最大の心の声は「売れてくれ!」でしょ?
 それが洗脳によって見えなくなっちゃっているだけ。

 相手に伝わるのは、それなのよ。
 だから「保険屋、ウザい」「しつこい」「嫌い」と言われてしまうのです。

 この辺のことも、しっかりと「理論」があるのです。
 理論を知らずに保障を語るなんてのは、固定電話しか見たことがない人と一緒だからね。
 そんなレベルの世界にいたら……話にならないよ。
☆無料ウェブセミナー
「人に嫌われることを我慢してやることなく、週4アポで年収2000万を得る方法」
〜必ず失敗する「活量型セールス」からの脱却〜