売るための根拠と数字

生命保険営業の本質!

昨日もほぼノープランだったけれども、とっても充実した1日でした。
 予定が入っていないと、本当にやりたいことだけを、心に余裕をもってやれるから、ビジネスにとってははるかに効率的なのです。

 とは言っても、たくさんの人と交流もできました。

 2時から、受講初心者の人たちの月イチ報告会。
 3時からは、亜由美先生と森﨑という、才媛お2人との打ち合わせ。
 夜の8時からクラブハウス。「ひよこ組」の娘っ子たちと、酒を飲みながら楽しくお話をしました。
 中島くんという超優秀な人が参加してくれたおかげで、私には全〜然ワカランことをたくさん喋ってくれて……よかったな〜、ひよこちゃんたち。


 中島くんの話は、声も内容も知的だったけれども……生保セールスの世界で日々出て来る言葉って、実に「痴的」だよね〜。
 基本的に「もっと!」だけだもんな〜。
 おやつをねだる幼稚園児レベル。

 「セールスは理論と数字だけでできている」……ダン・ケネディの言葉です。
 もちろん生命保険は「感情売り商品の王様」だから、感情面の要素が多大に入ります。
 でもその「感情」とは「購買心理学」。
 つまりは理論なのです。

 そして数字。
 幼稚園児じゃないのだから「もっと!」じゃなくて、根拠ある数字が必要なのよ。

 例えば私は、ソニー生命に入って研修を受けている頃から、こんな数字を持っていました。

 「2←4←1200」

 これは「年収1200万を得るためには、週に4アポが必要で、そのためには週に2人の新規見込み客が必要」ということを表す数字です。

 この前の「三洞LIVE」でも言ったけれども「1日3アポ」なんて、無理に決まってるのよ。
 そもそも根拠が全〜然ない数字。
 しかもそれを口にするヤカラどもは、そんなことは到底できなかったからマネージャー職に成り下がった人たち。
 だから、今度「1日3アポ」と言われたら、「お前、やって見せてみろよ!」と返してあげましょう。

 古川くんもYouTubeで言ってたよね。
 かつては愚直に1日3アポをやっていたけど、全然幸せじゃないし、家庭は崩壊寸前だった……あんなに素晴らしい奥様がいるのに。
 それを1日2アポにして、今は1アポ。
 そうしたら売り上げも2倍になった……って。

 ほとんどの受講生は、受講後には、仕事時間は3分の1になって、売り上げは3倍になる。
 ということは、私たち生保セールスにとっての唯一のビジネス指標である「時間あたり売り上げ」は、なんと9倍になるということ。

 セミナーでは、この他にもたくさんの「根拠ある数字」を提示します。
 例えば「私たち生保セールスの仕事時間の約80%が広告宣伝活動に費やされる」。

 この明快な言葉だけで、日々の仕事が明確になる。
 それを……何なのよ「活動量」って!
 「活動」の中身が何なのか、全〜然わからない。
 「量」って、どうやって計測するのよ? そもそも単位は何なんだよ!

 だから結局は「もっと!」と言うしかない。
 まさに幼稚園児レベル。
 幼稚園児はかわいいけど、お前らはかわいくない!

 間違っても「ビジネス」とは呼べない、痴的な世界。
 そのおかげで苦しんでいる人がたくさんいる……ホント、愚劣です。

 1人でも多くの人が、一刻も早くそういう世界から脱出することを願っています。