以前のオレならあり得ない

生命保険営業の本質!

 沖縄3日目〜。

 今日は、古川おっぱいくんとさこ〜ちゃんの「clubhouse版 保険営業の楽しい学校」を、おしゃれなカフェの海沿いのテラスでやって……今、ホテルの部屋に帰って来ました。
 この後、みんなで昼飯(昼酒)に行きますが、それまでの間、こうしてメルマガを書いています。

 clubhouseには、来ているメンバー全員が登場させてもらいました。
 毎週、とっても楽しく聴いているのだけれども、今日はスマホ越しではなくリアルで聴けて、おまけに参加までできて……何だかとっても感慨深い機会になりました。

 最初は、すぐに空港に向かわなければならない亜由美先生が登場して……いつものように、とってもイイ話になりましたが、それについては長くなるので書きません。
 ただし、ホストの2人と先生との話を聞いていて、ふと思いました。

 「なぜオレがここに来ているの?」

 どういうことかと言うと、つい先程の状況が、以前の自分を考えたら、ちょっと考えられないからです。

 まず私は、極端な出不精です。
 飛行機に乗って沖縄に行く……多くの人は「イイですね〜」と言いますよ。
 でも、かつての私はマジでこう思っていました。
 「金貰って行くのなら分かるけど、金払って遠くに行くなんて、冗談じゃない!」

 でも、ふと「フミコと彼女の家族に会いに行こう!」と思ったのがきっかけで、今、こうして沖縄にいる。
 以前の私ならあり得ないことです。


 そして私は、ツルむのが大嫌いです。
 「自分の部屋が一番好き」「1人が好き」なのです。
 でも、昨日、日本の各地から受講生たちが来てくれて、彼らに会ったら……幸せを感じまくりでした。
 嬉しくて仕方ないのです。


 さらに。
 私は、「会議」とか「ミーティング」とか呼ばれるものが大嫌いです。
 かつては「憎んでいる」と言ってイイほどに嫌いでした。
 その上で、7〜8年前に気付きました。
 「オレ、コンサルティングって……向いてネ〜な」ってことに。

 そんな私が、今、生保セールスに向けた「有料のミーティング」である「三洞自分コンサル塾」を、亜由美先生と一緒にやっている。
 先生がいなかったら絶対にできないから、パートナーに恵まれたということではあるけれども……でも、この私が「ミーティング」「コンサルティング」をやっている……。
 しかもその仕事は、とってもとっても楽しい仕事。
 これって、ものすごい変化ですよ。


 こういうことについての考察は、マーケティングレターでいつも詳細に書いているけど、ここには書きません。
 でも、分かりやすく書くと、「自分の認識が浅かった」ということでもあるし、「楽しく思える方向には進める」ということだし、「人は学習し、変化・進化する」ということだと思います。


 昼酒の時間が近付いて来たから、この辺で締めます。

 今日のclubhouseの最後のゲストは、まだ雪が残る旭川からやってきた深雪さまでした。
 彼女のコメントはいつもとっても真摯で深くて……聴いていて泣きそうになったから、途中から真剣に聴くのをやめました(笑)。
 でもその後、さこ〜ちゃんが「“こうすれば売れる”を語るセミナー講師はいくらでもいるけれども、“人として幸せになるために”を語るセミナー講師は三洞さんしかいないと思う」と言ってくれたから、また泣きそうになってしまいました。

 実は、半分泣いてたんだけどね(笑)。
 必死にごまかしていたのよ。

 人は、「嬉しい」「楽しい」「こうありたい」と思った方向になら、自然に進んでしまうものなのです。
 そして、そこにこそ「幸せ」がある。

 だから、clubhouseでも言ったのだけれども、「ストレスを感じる」「我慢してやる」というのは、根本的な姿勢が間違っているということ。
 幸せに向かって進みたいのであれば、そういう意識は完全に除去・消毒して、「正しい思考」をしなければ
ならないのです。

 ということで、みんなと楽しくツルんで、昼酒に行って来ます。