「やる」……ただそれだけ。

生命保険営業の本質!

 昨日は「北陸・甲信越 パワスポ三洞」のミーティングに参加しました。
 楽しかったな〜。
 レベルの高い話ばかりで、さすがでしたよ。

 今は九州会の「作業に全集中!心を燃やせ!」(笑)に参加中です。
 「作業に全集中」なので、みんな、黙々と作業をしています。

 そして今日は、セミナーです。
 受講生限定のフォローアップセミナー。
 遠くからも来てくれるしね。
 とっても楽しみです。


 昨日、誰でも入れるLINEグループ(あなたも入れますよ!)を見ていて、思ったことがあります。
 そのメモ(付箋)が机に貼ってあるのだけれども……明らかに、かなり酔ってるよな〜(笑)。字を見ればわかりますよ。
 でも「忘れちゃダメよ」と思ったから、酔っていても頑張って書いたのでしょう。

 セミナーでは、「口にしてはいけない言葉」を7つあげているけれども、その中の1つに「難しい」という言葉があります。

 「分かってるけど……それ、やるの、難しいよね」みたいな。

 この言葉を発した途端……絶対にできません。
 「難しい」のではなくて「不可能!」になっちゃう。
 そりゃそうですよ。自分のマインドが「できない」と思っているのだから、できるはずがないのです。

 しかも「難しい」という言葉を言い訳にしている。
 これは、ものすご〜く運気を下げ、幸せの量を減らす行為なのです。


 だから、「生保セールスの仕事は楽なものじゃない。難しいものなのだ」なんて言葉は……最悪中の最悪ですよ。
 「あなたにはできないよ」というマインドを植え付けているだけ。

 でも、これに類する言葉を浴びてしまっている生保セールスが大半でしょ?
 「営業の仕事は楽じゃない」とか「断られてからがスタートだ」とか……。
 そんな言葉を浴びせられたら、一生苦痛になっちゃうし、ず〜っと断られることになる。
 だから93%が廃業に追い込まれるのよ。

 ホント、病原菌をまき散らかして、他人を不幸にするヤカラは、頭から消毒液をぶっかけて抹殺してやりたいですよ!


 「言葉が人生を作る」「言葉が幸せの量を決める」ってのは、間違いないことなのよ。
 今は脳科学的にも数値化されてるしね。

 だから、「難しい」「大変だ」「悩んでいる」なんて言葉を口にするのは論外なのです。
 「できるはず」「できる」なんて言葉も……甘いのよ。
 そうじゃなくて「やる!」「実現する」。
 ただそれだけ。

 もちろん、おまじないじゃないのだから、「やる」だけでできるはずはありません。
 「やる(実現する)ために、クリアすべき課題はこれ」ということを明確にして、クリアする。
 ただそれだけ。

 そう決めるからできる。
 ただそれだけ。

 私は、「週3日の営業で、全社員平均の売り上げをあげる」と決めていたし、「オレにできないはずがない」としか思っていなかったから、必然の結果として、そうなった。
 ただそれだけ。
 もちろん営業経験ゼロなのだから、「そのためにはどうする?」についてはとことん考えたし(もちろん楽しく考えた)、実現するための課題をクリアしたからこそ「そうなった」のです。

 でも、もしも私に「でも、難しいよな」なんて思いがカケラでもあったら……とっくに廃業していたことでしょう。何しろ週3日の営業なのだからね。

 こういうことは、もはや「科学」なのよ。
 それなのに「難しい」に類する言葉を浴びるような非科学的な世界にいたら……どうしようもないよね。終わってます。

 言いたいことは、ただそれだけ。