必ず失敗する活動量型セールス

三洞の「これが言いたい!」

昨夜はLINEグループが盛り上がってたんだよね〜。

 長野の唐澤千恵美さんという優秀な受講生が女性限定のセミナーをやって、それに対する感激・称賛・驚愕・自省のコメントがドワ〜っと来ていました。

 女性限定だから私は参加できなかったんだけど……聴きたかったな〜。
 受講生たちがそれこそ絶賛していたからね。
 でも、今朝の古川くんとさこ〜ちゃんの「クラハ版 保険営業の楽しい学校」で、近々、また唐澤さんのセミナーがあると言っていました。

 古川くんがYouTubeで告知すると思うので、ぜひチャンネル登録して、情報を入手することをおすすめします。
 古川くんのチャンネルはこちら。

 「保険営業の楽しい学校」
 https://www.youtube.com/channel/UCO44SOh7GohZ6HxXgcNA3hQ

 
 で、唐澤さんのセミナーに対する書き込みは、出し惜しみはしない私だけれども、彼女が関わることでもあるから、詳細はここには書きません。
 受講生の皆さんに対しても、彼女と参加者に配慮してあまり深くは解説しません。
 ただし、こういうのはまさにシンクロなんだよね〜。11月号のマーケティング・レターで書こうと思っていたことと見事に被るのよ。
 だから、私の言葉で、私の見解をお伝えできると思います。
 お楽しみに〜。

 そしてありがたいことに、今日のLIVEで喋ろうと思っていたこととも被ってる。
 古川くんとさこ〜ちゃんの朝のクラハは、「三洞LIVE」の前振りネタにいつも使わせてもらっているけれども、LINEの書き込みにあった言葉のいくつかも、今日の「三洞LIVE」で出て来ると思います。

 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

 15:30からの「三洞LIVE」と被りすぎないように、このメルマガの読者の役に立つことを少しだけ言っておきます。

 受講生たちが感心していたことを一言で言うと、唐澤さんがちゃんとシステムを構築しているということ。
 行き当たりばったりの、運や偶然に頼る「空疎な活動」ではなく、見込み客を集め、メッセージを投げ掛け、保険契約に至る「戦略型セールス」を実践していることに対して「すごい!」と感心・驚嘆し、「私、全然できていない」と自省していたのです。

 私の師匠の1人、40歳そこそこでグーグルとマイクロソフトの顧問になった「世界の先生」リッチ・シェフレンが、著書ではっきりとこう言っています。

 「必ず失敗する活動量型セールスから、成功する戦略型セールスに『進化』しなければならない」

 そう、「必ず失敗する活動量型セールス」なのよ。
 私もリッチの教えを受けて、それを伝え続けているのです。

 最後に、自省の言葉を発していた受講生に一言。
 「何やってるんだ。サッサとやれや!」

 ということで、LIVEでお会いしましょう!