売れるはずがないでしょ?

生命保険営業の本質!

 活動量型セールスは、苦しみ、必ず失敗する。
 一方「戦略型セールス」は、短時間で楽しくたくさん売れる。
 その結果、大きな幸せを手に入れる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私の座右にも左前方にも「積ん読本」がたっぷりとあります。

 今朝は「メルマガ書こう」と思ったのですが、珍しくネタが浮かんで来ないので、まだ読んでいない「営業思考術」という本を引っ張り出してみました。

 サブタイトルは「誰もが科学と心理で売れるようになる」。
 そうなのよ。
 売るためには、心理学を含めた科学以外、必要はない。
 逆を言えば、科学がなかったら売れるはずがない。

 そして帯にはこの言葉。
 「あなたは、自分がされたら嫌な方法で営業していないだろうか?」

 あなたが保険屋さんではなかった頃、「保険の話を聞いていただけませんか?」と言われたら……「喜んで!」とは決して言わなかったよね?
 「うわっ!」「来た!」「困る……」「イヤ!」だったでしょ?
 それは誰でも分かっているはずなのに……なぜ今、それをやっちゃうの?
 頭、大丈夫?
 洗脳されてるだけじゃないの?


 30年前、「生保セールスになる」と友人たちに言った時、誰もが「お前には最も向かない商売だ」と言いました。

 「お前、電話嫌いだし、連絡できないし、マメじゃないし、人と会うの嫌いだし、出不精だし……それにお前、すぐにブチ切れるじゃん! 保険なんて、人の頭下げてお願いしなかったら売れないんだぞ? どう考えたってお前にできるはずがないだろ?」

 そう、まったくその通り。
 友人たちが思うような「保険屋さん」のやり方は、私にはできるはずがありません。

 でも私は、マーケティングプランナーという仕事しかしたことがなかったから、普通にこう考えました。
 「心配してくれてありがとう。でも、理論に沿ってやれば売れないはずがないからね。大丈夫」。

 結果はその通り。
 週に2日半の営業(外出)で、300週間連続で、「ごく普通に」契約を取り続けることができました。

 その「正しいやり方」を示すセミナーです。

〜〜〜〜〜〜
【バレンタインプレゼント企画】
 2/14〜16の3日間(15:00〜17:00)

☆無料WEBセミナー
 「見込み客の見つけ方」
 〜見込み客が見つからないのは、あなたが「活動量型セールス」だから〜

 受付は終了しました。
たくさんのお申込ありがとございました。

〜〜〜〜〜〜

 今日は嬉しいLINが2つ来ました。
 まずは広島の志保ちゃん。

〜〜〜〜〜〜
 先生、おはようございます。
 さて、今日は何の日でしょう?

 今日は、3年前、私が先生の「幸せになるための授業」を受けた、記念すべき日です。

 まだ3年、もう3年。
 人生の中でとても濃い、3年でした。

 先生と出会っていなかったら、間違いなく今の私はありません。
 保険屋としてだけでなく、人生そのものを大きく変えてもらいました。

 ありがとうございます。
〜〜〜〜〜〜

 もうホント、泣いちゃうよね。
 そして夕方には、もっと古い受講生の浜松のキヨミさんから。

〜〜〜〜〜〜
 ……今の私があるのは先生の12時間セミナーとコンサル塾のおかげと思っております。

 今日は、明後日の8日の夜にお店に伺いたくてご連絡しました。
 先生のご都合はいかがでしょうか。浜松の受講生と一緒に伺いたいと思ってます。
〜〜〜〜〜〜

 こういうのが「こっち側の世界」。
 苦しいだけの、アホな「活動量型セールス」では、どこまで行っても苦しむだけなのよ。
 キヨミさんは「保険屋さんに保険を教える保険屋さん」だからね。
 重鎮クラスの人なのです。


 とにかく、理論さえあればいい。
 逆を言えば、理論がなかったら売れるはずがない。
 ほとんどの生保セールスが与えられている教えは、「理論がない」どころか「正しい理論とは真逆の、あなたを売れなくし、不幸にする教え」でしかありません。

 無料WEBセミナーで、それをはっきりと認識してくださいね。
 
 次にいつやるかの予定は立てていないので、「苦しみ、必ず失敗する活動量型」から脱却したい人は、ぜひご参加ください。


<追伸>

 4月6日、沖縄で12時間セミナーを開催します。
 沖縄の人はもちろん、4月の沖縄は最高だから、沖縄旅行を兼ねてセミナーに来てよ。
 それくらいの余裕がなかったら「こっち側」の世界には来れないからね。