鬼滅隊に入る必要はありません

生命保険営業の本質!

 昨日は今年最後の12時間セミナー(ZOOM開催)でした。

 例年、12月はセミナーを3回開催します。
 定期開催の2回に加えて、12/29あたりでもう1回。
 「その日なら行ける」という人が結構多いので、大抵は満席になります。

 だから、昨日はZOOM開催だったし、例年以上に受講生がいるものだと思っていたら……1人だけ(笑)。
 メットの青年でした。

 「1人だけか〜」とは思ったけれども、話が始まってしまえば、いつも通りエキサイトして、かつ、楽しく喋ります。
 受講生もとっても頭が良くて好感の持てる青年で、気分が良かったです。
 懇親会には精鋭たちも参加してくれて、しかもメットの先輩も参加してくれて……ラッキーだったね!
 でもそれは、自分が行動したからこそ手に入れることができた機会です。


 まあしかし……既にイヤになるほど分かってはいるのだけれども……会社の教えというのは、ホント、呆れ返るほどに、いくら言葉を尽くしても足りないほどに愚劣で幼稚でアホバカで……分かっちゃいるのに、聞く度に毎回激怒してしまうのです。

 しかもそれを、売れなかったからマネージャー職に就いた低能なヤカラどもが、「それらしく」「偉そうに」語る……。
 昨日もひどかったよな〜。
 「そいつ、呼んでこいよ。ウチの店に連れて来いよ! ボッコボコにしてやる!」って……2〜3回叫んじゃったもんな〜。

 どういう事情があろうと、人を不幸にする教えを口にする人間は、明白な「悪」です。
 「鬼滅の刃」の鬼ですよ。
 「鬼なんかいない世の中になればいいのに」……炭次郎くんじゃなくても、誰でもそう思うはずです。
 ホント、日の光を浴びて消滅してほしいです。


 今朝もお勉強から1日が始まりました。

 今日の最初のお勉強は、受講生のおっぱい古川くんの動画を見ること。
 登場させてもらっていて、ホント、嬉しかったです。
 とっても良い動画なので、ぜひ見て下さい。

 「欲しい結果を最短最速で出す方法」
 https://www.youtube.com/watch?v=QYA_dDDsK6I&feature=youtu.be

 動画を見て大満足した後は、「100兆円売った男」(私の師匠の1人で、世界的カリスマ)が書いたテキストを読みました。
 読んでいたら「世の中の迷惑」でしかない「鬼」たちの「それらしい教え」が、見事に破綻する様子が書かれていました。
 例によって「ガハハハ!」ですよ。

 まずはこう書かれている。

〜〜〜〜〜〜
 ……見込み客は、どんな商品やサービス、問題、機会についても2〜3の感情的な反応(時に対立的な反応かもしれない)を起こすだろう。セールスの達人としてのあなたの仕事は、これらの感情を理解し、あらゆる感情に対して確実にアピールできるようなトークを作ることだ。
〜〜〜〜〜〜

 人を不幸にする「鬼の教え」を受けちゃっているあなたは、これを読むと「なるほど、そうだよな〜」と思う。
 もちろん、大先生の言っていることは正しいから、素直なあなたがそう思うのもごく自然なことです。

 でも……鬼の教えはそう甘くはない。
 あなたは、「なるほど。マニュアルに出てきた応酬話法だな。やっぱりあれをちゃんと準備しないとダメなのだ。世界的大先生もそう言っているのだから」と思う……。

 ところが、続いてこんな文章が出てくる。

〜〜〜〜〜〜
 ……100人のセールスのうち、99人が考えないことがある。見込み客の基本的な信念は何か? 心理的に偏った見方はあるか? ということだ。たとえば、「セールスマンは本質的に狡猾で、うまい言葉を並べ立てて売りつけようとする」と信じているタイプの人間か?
 (中略)
 セールスが最も犯しがちな間違いは、買い手が信じていないことを直接的、あるいは間接的に伝えることだ
〜〜〜〜〜〜

 「生保セールス、大好き!」「セールスされると快感!」なんて変態さんは、世の中に滅多に存在しない。これは誰でもわかる事実。
 だからあなたは、こう考える。

 「……ということは、いくら応酬話法を準備しても、セールスされるのが嫌いな人には効かないってことか〜。じゃあ、どうすればイイんだ?」

 さて、あなたも考えてみて下さい。

  ・
  ・
  ・
 
 まあ、そんなに真剣に考えはしなかっただろうけど(笑)、真剣には考えないほどに、こういう「鬼の言葉」を想起した人は結構いると思います。

 「ニード喚起だ! 必要性を訴えれば、相手は興味を示し、あなたの話を聞いてくれる!」

 「そうか、それが基本だよな!」……そう思った素直なあなたは、次にこんな文章を目にすることになる。

〜〜〜〜〜〜
 ……あらゆる購買決定の源にあるのは、欲望だ。見込み客は必要だからではなく、欲しいから買うのだ。
 正直に言って、我々が必要とするものはそう多くない。食べ物、洋服、頭を覆う屋根くらいだ。セールスとして、必要性を訴えて売れるものはほとんど存在しない。
〜〜〜〜〜〜

 ガハハハ!
 アホな鬼たちの言っている「それらしいこと」は、容易かつ完全に理論破綻(笑)。
 もはや「だったら一体どうすればイイの?」にならざるを得ない。

 でもこれが、ほとんどの生保セールスの姿でしょ?
 「どうすればイイのかわからない」「何をやればイイのかわからない」……。

 そう、鬼の言っていることは、正しい理論においては即座に否定される。
 まさに世の中の不幸を増やすことしかしていないのです。

 ちなみに。
 上記の引用文は、完全な引用ではありません。
 若干の改ざんをしています。
 それは「セールスライター」→「セールス」……「ライター」の4文字を取っただけです。
 でも……真意はまったく変わらないよね。


 動画の最後で、おっぱい古川くんはこう言っています。
 
 「人生ってね、ホントはこういう風にすごいシンプルなんで……」

 真理とは、実にシンプルなものなのです。
 それなのに、自らの不勉強と無能さと無責任さを糊塗するために、「それらしいこと」を偉そうに口にする鬼たち……。
 最悪の存在ですよ。

 でもあなたは、鬼滅隊に入る必要はありません。
 鬼のいない、正しい世界に来ちゃえばイイ。
 なぜなら、それが幸せな世界なのだからね。