レスポンスさせるから、見込み客が見つかる

セミナー受講者の声

 昨日、地獄社から代理店に移籍したミキちゃんから、初契約の報告が来ました。
 私・・・ちょっと泣いちゃいました。

 「みんなにLINEで報告しなさい」と言ったら……日本全国からたくさんの人が「おめでとう」!
 そしてたくさんの人が「涙が出ました」……。

 こういう素晴らしい環境に身を置く「選択」をしたのはミキちゃん自信。
 ホント、良かったね〜。


 ということで、今日も、3/9(月)まで2000引きのこの本を題材に書きます。

 【今なら2000円引き!】
 ☆「現代広告の心理技術101」☆
 http://bit.ly/2ZJzxuP


 毎月、「三洞のハッピー生命保険セールス マーケティング・レター」というものを書いています。
 ほぼアドリブで44ページ……毎月、生保セールスについて44ページ書ける人なんて、私以外には絶対いませんよ。
 それなのに……最も儲からない仕事(泣)。

 でもこれは、もはやライフワークだからイイのです。
 44ページを楽しく書けるなんて存在も、オレしかいないからね。

 そのマーケティング・レターに「この一冊が効く!」というコーナーがあります。
 この本「現代広告の心理技術101」は、かなり初期の頃(創刊は2017年1月)に、「この一冊が効く!」で取り上げました。

 で、「この一冊が効く!」では、最初に、表紙(カバー)や帯に書かれているコピーを題材にすることが多いのよ。
 なぜなら、その本の「本質」を表している場合が多いから。

 この「現代広告の心理技術101」のカバーと帯には、こんな言葉が書かれています。

 「お客が買わずにいられなくなる心のカラクリとは」
 「消費者はどういう心理からレスポンスするのか?」
 「説得と影響力の科学」

 本来、会社のセールス研修というのは、上記のようなことを伝えないとダメなのよ。
 ダン・ケネディが、「セールスは、すべて理論と数字でできている」と言っているけれども、マーケティングと購買心理学、そして統計数値と結果検証……これが「すべて」なのよ。

 でも、会社の教育は、こうしたことについて何〜〜〜も言わない(言えない)。
 要するに「完全に中身が空っぽ」なのです。

 例えば、「消費者はどういう心理からレスポンスするのか?」……これが「見込み客集め」の鉄則というか、基本的な考え方。
 あなたが「話を聞いてくれ」と言うのではなく、消費者にレスポンスさせるから、見込み客を集めることができる。
 では、どうやってレスポンスさせるのかと言うと、それは「科学(購買心理学)」。

 でも、ほとんどの生保セールスが、「レスポンスさせる」という「基本」とは真逆になっちゃってるでしょ?
 そもそも「レスポンスさせる」という感覚すらない人が大半ですよ。

 だから、93%が廃業になっちゃうってこと。

 要するに、会社の教育というのは、教育でも何でもなくて、ただの時間の無駄なのよ。
 しかもその中身が、「あなたを売れなくし、不幸にする教え」なのだからね。

 そういうことを、「垣間見る」だけでも、あなたの人生にとっての大きな転機になるかもしれません。
 そのためにも、この本を手にとって見て下さい。

 【3/9(月)まで2000円引き!】
 ☆「現代広告の心理技術101」☆
 http://bit.ly/2ZJzxuP

 ~ ~ ~ ~ ~ ~