売り上げアップのための「第一歩」

セミナー受講者の声

 売り上げアップ・・・一昨日、私の会社の去年の売り上げを確認したのですよ。

 2018年と2019年の比較だと、取引件数は10%ダウン。
 これだけなら大問題だけれども、平均取引金額は52%アップ。
 その結果、売り上げは39%アップ。

 要するに、件数は減ったけど、保険料が大幅に増えたから、売上が増えた・・・。
 こっちの方が時間と工数が減るから、単純な売上アップよりも、はるかに望ましい結果なのです。

 あなたも「望ましい結果」を得たいよね?
 これから、そのための「第一歩」を書くからね。


 今、今年の「日々の計画」を立てるために、「社長の生産力を上げるシステム思考術」という本を再読しています。
 この本、タイトルの雰囲気とは違って、ノウハウやスキルももちろん書かれているけれども、主旨は「悟り」の本なのです。
 何を「悟る」のかと言うと、こういうこと。

~~~~~~
 ・・・自分の世界をコントロールできていると、つまり、あなたの世界を理にかなったものにし、人生に方向性を持たせていると、信じられないほどの満足感を覚えるものだ。
 そしてあなたは、かたくなにその方向を維持することになる。なぜなら、時が経つにつれ、人生がどんどんよくなっているからだ。
 繰り返しになるが、大事なことだからもう一度言おう。あなたが「システム改善法」を自分のものにし、活用することになったら、あなたは別人のようになる。ベッドから起き出す前に、すでに心配事で頭がいっぱいになり、不安な気分で朝を過ごすことは、もうない。(中略)
 明日への安心材料もないまま、テレビの前にぐったりとゾンビのように座り込んで過ごすことも、もうないのだ。
~~~~~~

 「自分を取り巻くものは、すべて『システム』なのだ」ということを「悟る」ことができると、人生は良い方向に動き始めるし、成果も一変するよ・・・ということを解説してくれている本なのです。

 なぜ、年初にこの本を読もうと思ったかと言うと、12月号のマーケティング・レターで取り上げたことが直接的な要因なのだけれども、「2019年は、たくさんの停滞や『抜け』があったな~」とつくづく思っていたからなのです。

 でも、売り上げは39%もアップしている・・・。
 なぜ、たくさんの停滞や「抜け」があったのに、売り上げがアップしているかと言うと、それが「見えていたから」なのですよ。

 これ、ホント、重要なことですよ。
 なぜなら、これこそが「売上アップ」の本質だから。

 
 売り上げがアップしない人は、どこに問題があるのかが「見えていない」。
 ・・・だよね。見えていたら改善するはずだもんね。

 結局、理論もなく、システムもないと、何も「見えない」のよ。
 頑張って「見よう!」としたって、真っ暗な森の中のようなものだから、見えるはずがない。
 だから、怖くて一歩が踏み出せないし、常に不安がつきまとうことになる。
 
 野沢温泉村の河野くんが、受講後12ヶ月の報告で、「家族といる時も、遊んでいる時も、それまでのぼんやりとした不安のようなものはなくなり、遊びに集中できるようになりました。これは何物にも替えがたいことです」と言ってくれたけれども、「見えて」いたら、不安はなくなるのです。

 そもそも、支社長もマネージャーも、みんな「見えて」いないのだから話にならない。
 見えていないから、活動量だの使命だのといった「妄言」を口にするしかない。
 でも、そんな言葉を投げかけられても、あなたは「見える」ようにはならない。
 その結果・・・売り上げが上がらないのです。


 「見える」というのは「悟り」と一緒で、見えるようになると、セールスは一変するのよ。
 そして、その瞬間から売上アップが始まる。
 楽しく長く売り続けることができている人は、言葉で理論的に説明できないとしても、誰もがそれを経験しているのです。

 まずはこの認識を持つことが、売り上げアップの第一歩なのですよ。