保険の話を聞きたい人・・・

12時間セミナー、16時間動画が効く理由

 今週も・・・毎日、受講生と会ってたんじゃないかな〜。

 店から徒歩5分のところにソニーの支社があって、そこに、家から1時間以上かけて通っている受講生がいます。
 彼は、こう言いました。
 「なんでこんな遠くの支社に入っちゃったんだ・・って、いつも思っていたけど、三洞さんのお店が近くて、ソニーに入って初めて“よかった~”って思えた。

 遠くの人だって、しっかり稼げるようになって、毎月のように遊びに来てくれる人が、10人以上いますよ。
 あなたも、チャチャっと稼いで、遊びに来てくださいね。


 受講生が店に来て話す内容は、大体、4つに分けられます。

 1つ目のパターンは、受講直後の「合ってますか?」「ワーク、見てください」「ワークをやったけど、強みが見えません」といった質問。
 これは、喋ると即座に解決します。

 2つ目のパターンは、その後の段階。
 「シート類を作ったけど、これでどうやって見込み客を見つけるんですか?」「マーケットって、どこにあるんですか?」「そういうターゲットって、どこで見つけるんですか?」

 これはね、まだまだ「会社の悪しき洗脳」を除去しきれていない段階。
 そういう人には、「じゃあ、ちょっと試しに探してみようか?」と言ってパソコンを開きます。

 パソコンを開いて、何か探し物をする・・・あなた、どのサイトを開きます?
 これは世界共通・・・Googleに決まってますよ。
 Google先生は、何でも知ってるし、何でも教えてくれます。
 ・・・ちゃんと検索しさえすれば。

 もちろんあなたの見込み客だって、検索すれば出て来ますよ。
 それも、イヤになるほど、たくさん・・・。

 こういう「世間の常識」を、会社の悪しき教えが見えなくしているのです。

 「な? すっげ~たくさん、いるだろ?」って私が言うと、「ホントだ~!!!」
 「こんな簡単なことも、会社は教えてくれね~んだよ。それで『電話しろ』『飛び込みやれ』『活動量』しか言わない。死ねバカ!なんだよ」

 あなたも、暑い中、靴を履いて歩き回る暇があったら、涼しい自室で、パソコンに向かって、見込み客探しをしてくださいね。
 1時間もやったら、1年分ぐらいの見込み客は・・・見つかるに決まってるでしょ?
 だって、世界のGoogle先生ですからね。
 
 3つ目のパターンはその先のレベルに到達した受講者。
 「今、これをやってますが、次はどんなふうに発展させれば?・・・」
 このレベルに達した受講生は、帰る際に、みんな、こう言います。
 「ヤバいです。とにかくいそいでやらないと間に合わない。半年先まで、やることがいっぱいです!」

 4つ目のパターンは、さらにその先。
 現状報告と、単に三洞と飲んで喋るために来る。
 こうなっちゃうと、北海道からも九州からも、頻繁に来てくれます。
 金、持ってますから。
 税金取られるぐらいなら、経費で私に会いに来た方がイイに決まってますからね。
 領収書を貰えない遊びの金だって、私の会社で領収書切ってあげるし。


 リッチ・シェフレンも同じことを言っていました。
 「検索すれば、すべてが明らかになる、ただ、人は正しい検索方法を知らないだけだ」

 あなたの場合は・・・とっても簡単。
 まず地域名。
 そしてターゲット。

 でも、これだけだと膨大な数が出てきちゃうんですよ!!!
 だから、「絞らなきゃ!」になる。

 たくさんの見込み客候補が瞬時に見つかって、それを絞る・・・。
 ごく普通の、正しいマーケティングです。
 でも、会社の教えはそれとは真逆。
 人が逃げていくから、絞れるはずがないし、見つからない。

 「絞らなきゃ!」と思って、検索ワードを考える。
 これはまさに「ターゲットのさらなる明確化」であり、「真の顧客第一」。
 「顧客無視」「顧客蔑視」の会社の教えとは、真逆の結果をもたらす行為なのです。


 大阪の牧野克彦先輩が、こう言っていました。
 「保険の話を聞きたい人なんて・・・おれへんやろ。おれへん人を探そうとするから、食えへんようになるんや」
 さすが、上手いことをおっしゃる。

 以前に、「保険の話 聞きたい人」って、Google先生に聞いてみたことがあるんですよ。
 検索結果を見て、受講生とともに爆笑しました。
 「Yahoo知恵袋」と「教えてGoo!」の相談がズラッと並んで出て来たんだけど、そこには、

 「友人が第一生命に入って、保険の話を聞いてくれとしつこくて困っています。上手に断る方法はないでしょうか?」

 以降、会社名が変わるだけで、同じ質問ばっかし!(笑)

 Google先生も、「保険の話を聞きたい人? そないな人、おれへん」とおっしゃっておりました。