すべては良い方向に向かっている!

三洞の「これが言いたい!」


 まずは近況報告……と言うか、ありがたいことに心配してくれている受講生がたくさんから、現状の報告を。

 3日前の先週金曜日は、「月イチMLM」……「三洞のハッピー生命保険セールス Marketing Letter」購読者の月イチの定例会&懇親会でした。
 その時に、左の肩甲骨の裏あたりに引っかかるような痛みを感じていたのよ。
 同時に、変な咳が出ていたのです。

 で、その翌日の土曜日。
 店の女将をやってくれる「デラックスなっちゃん」を迎えに大宮駅に向かっていたら……左胸がものすごく痛くなってきた……。
 寒い日なのに汗まで出てきた……。

 なっちゃんが、「先生、病院に行った方がイイと思う」と言ってくれて、幸い、それが近所の病院の前。土曜の受付終了まであと20分あったから診察を受けると「典型的な自然気胸です。入院です」。
 弟も20代の頃にやったことがあって、2週間ぐらい入院していたと思うから、それくらいの入院は覚悟しました。

 コロナの影響で入院できない場合もあるとのことだったけれども、幸い受け入れ可能で、人生2度目の救急搬送となってしまいました。
 前回の救急車は前後不覚状態で搬送されたけれども、今回は「歩けるけれども動いちゃダメ」の搬送なので、何か「申し訳ないな〜」という感覚でした。

 で、大きな病院で再度検査をして、治療をして……約4時間後「帰ってイイです。ただし、明日、再検査に来て下さい」となりました。
 医師からの指示は「全力疾走とか筋トレとかはやめてください」……普段でもしないから大丈夫です。
 とにかく、安静にしている必要もない状況まで復活しました。
 ごく普通に過ごせています。

 この「自然気胸」というのは、社員のミカちゃんによると「イケメン病」とも言われているそうで、「だから三洞さんはなっちゃうんですよ」と言われて、「うん、それならなっても仕方ないな」と笑って答えました。
 ただ、痛い時は笑ってなんかはいられないしね。

 さて、安静にする必要もないと言われても、安静にしたくはなります。
 だから2/1の次の検査まで、1月いっぱいは「読書週間でイイや」と決めました。
 いや、私の仕事はPCに向かって文字を書くだけですから、仕事をしていたって安静なのですよ。でも、結果に対する言い訳はしないけれども、あえて「読書週間でイイや」と思ってしまうのは、とっても幸せな気分になれます。
 本棚の本がかなり片付くことでしょう。

 もちろん原稿だって書きたくなる時もあるでしょうよ。
 書きたくなって原稿が進むのなら……最高です。

 そして何より……さすがにタバコを吸っていないのですよ。
 人の良さそ〜〜〜な同年代の医師から「タバコはやめてくださいね」と言われて「はい」と言っちゃったしね。
 なっちゃんにも大いに心配を掛けてしまったし……。

 おかげで喉の調子もイイし、血圧も低いような気がします。
 きっと、かなり体が浄化されることでしょう。

 物事はすべてが好転する。
 そう思っている人は、そうなるのです。