「幸せの量」は思考次第

生命保険営業の本質!

 昨夜はスーパーセールスマンの「ま〜さん」から、「Sakuragi(弟の店)で飲んでます」とのLINEが来たので、すぐに出掛けて行きました。

 ま〜さんと会うのは久しぶりです。
 最初の話題はギター。ま〜さんはちゃんとギターを習っているそうです。
 偉いよな〜。
 触発されたので、以前に買って中途半端になっている教材を発掘し、今日から練習を始めます。

 そして、スーパーセールスマンに向けて「売れてます?」と失敬な質問をしてみました(笑)。
 答えは、「おかげさまで……4月以降、ちょっと増えちゃってます」。

 ま〜さんの売り上げが増えたのは「ZOOMを使ったから」といった手法的なことではありませんでした。
 「ボク、結構深いつながりの法人さんがそこそこあるわけですよ。そういうところが、コロナで危機感を感じて、相談してくれたんですよね。そこで自然に保険の話になって……」。

 まさに王道ですね。
 ジョニーちゃんも同じだけど、「騒ぎが起こると保険は売れる」。
 売れている人は常に、大多数とは真逆なのです。


 さて。

 私の仕事は「世の中のストレスを減らし、その分、幸せの量を増やすこと」です。
 残念ながら、日本はデータ的に見てもストレス大国なのですよ。
 だから、ストレスを減らすことが、必然的に幸せの量の増加につながります。

 でね、昨日のメルマガで「コントロール」ということについて書いたけれども、他者からコントロールされる度合いが強いほど、ストレスは増加してしまう……。

 例えば、これ、いつも本当に腹が立つのだけれども、「ウチの会社は子育てには最適よ!」というセールスレディ勧誘の言葉ね。
 でも、地獄社と準地獄社だけだからね。毎日のミーティングがあって(しかもクソ長い)、直帰してはいけないのは。

 これのどこが「子育てに最適」なのよ!
 もうホント、うすらバカの人たちが、うすらバカな妄想の中で生きていて……最悪の世界ですよ。
 しかも、その状況って、無茶苦茶コントロールされてるでしょ?
 普通の会社は、今は週に1回程度の出社になったのに、毎日出社で直帰がダメって……。
 ストレスだらけの日々になるのは当然なのです。

 おまけに貰えるお金は普通の会社の6分の1。
 まさに地獄だよね〜。

 
 私たちの人生は、思考によって決まります。
 思考とは「自分が真実だと思っていること」……つまりは「現状における、あなたの既成概念」です。

 あなたは起業家なのですよ。
 起業家ならば、本来はあなたがすべてを決定し、コントロールしなければなりません。
 それなのに「他者にコントロールされるのが当たり前」だと思っているとしたら……それは「あなたの役割」の放棄です。起業家として失格なのだから、必然的に廃業に至ります。

 同時にそれは、多大なるストレスを引き起こします。
 ストレスが増えれば、その分、幸せの量は減ってしまいます。

 つまり、人生における幸せの量は、あなたの思考によって決まるのです。
 だからこそ、こうしたこと(真の自己啓発)をきちんと学び、正しい思考に沿って生きることが必要なのです。