「無能」ということ

生命保険営業の本質!

 今日は、久々に洗濯ができそうな日だったので、昨日はちょっとだけ早寝をして、今朝は6時に起きることができました。
 洗濯をして、メダカの世話をして、カエルがいることを確認して、ラジオ体操をして、お勉強をして……とっても爽快です。

 今朝からちょっと面白い本を読み始めました。
 それは、「無能」ということについて書かた本なのだけれども、無能というのは、必然的にあらゆる場所で発生してしまうようです。

 無能の代表と言えば……もちろんお役所ですよ。
 かつてよりもはるかにマシになったとは言え、根本的な体質は何〜も変わっていません。

 例えば保健所。ここはかなりヒドい。
 みなさんは保健所とはほとんど関わらずに済むと思いますが、私は飲食店経営者だから、飲食店の営業許可の更新で、定期的に「嫌だけれども関わらなければならない」ことがあります。

 で……すごいんですよ。
 今年の年末で、ウチの店は開店15年になるのだけれども……一度も「営業許可証」を貰ったことがない!

 いや、もちろんヤミ営業じゃありませんよ。
 やることはきちんとやっているので、営業許可は取れています。
 電話で確認したから、それは間違いありません。
 ただし、許可証というものを貰ったことがない……。

 まあ、こういう人は少数派ではあるでしょうが、しかし、世の中には似たような人も結構いるはずです。
 つまり、保健所のキャビネットの中には、本来は渡すべきなのに、何年も渡されずに眠っている営業許可証が、おそらくたっぷりあるはずなのです。

 なぜそうなっちゃうのかと言うと……お役所仕事だから。
 結果はどうでもよくて、杓子定規な手順さえ踏めばイイ。
 だから、「無能でもできる」ではなく、「無能じゃないとできない」仕事なのです。

 でも、なぜかそんな人たちが、儲かっているワケじゃないのに、しっかりとボーナスを貰う。
 そして、結構な額の退職金が貰える。
 人生を棒に振る覚悟があれば、実にありがたい職場ですよ。


 思考なく、結果とは関係なく、手順さえ踏めばイイ……。
 お役所や会社なら「その方がイイ」という場合がほとんどです。
 なぜなら、マニュアルに沿わないことをやると、たとえ結果が良くても怒られちゃうから。

 でも、生保セールスは違います。
 結果が出なかったら、お金がもらえないから。

 それなのに、会社から言われた手順に沿ってやっちゃうって……「どんだけ思考がないの?」って思いますよ。
 その手順に沿ってやっちゃうと、93%が廃業に至るのに……。

 褒めてもらえて、出世ができて、給料が上がるのならイイけど、真逆だもんね。
 「なぜ契約が取れないんだ!」って怒られて……プレッシャーは増え、収入は減る。


 根本的な事を言うと、「我慢が発生するやり方」が上手く行くはずがないのです。
 Googleは我慢して検索エンジンを世に出しているの?
 Appleは我慢してiphoneを作っているの?
 やりたくて仕方なくてやっているから儲かっているんでしょ?

 ウチの受講生の子たちは、みんな楽しく仕事をしていますよ。
 なぜなら、我慢が生じるということは、やり方が間違っているということだから。


 我慢に耐えて、プレッシャーに耐えて、収入が減るのと、やりたいようにやって、収入が増えるのと……「どっちを選ぶ?」と聞いたら、だれだって後者を選ぶはずなのに、なぜか「会社が言う手順」に沿って、お役所仕事のようなことをやってしまう人が大半なんだよね〜。

 それって、単なる「無能」ですよ。

 ーーーーーーーーーーーー 
【無料進呈受付中!】私の10冊目の新刊です。

 ~3年以内に93%の生保セールスが廃業に追い込まれる「真の原因」とは?~
 「生保セールス進化論」

 詳細とお申し込みはこちら。
「生保セールス進化論」 
 ーーーーーーーーーーーー