「やる気」なんて一切不要!

あなたを売れなくする「間違った教え」

 今、このメルマガを書き始めて気づきました。
 12月になったんだね〜。
 早いよな〜。

 明日は日本全国から受講生が遊びに来る!
 楽しみです。

〜〜〜〜〜〜
 ……あまり大きな声では言えないのですが、
 「やる気を出せ」と言う人に、じつは聞いてみたいことが秘かにあるんです。
 内緒にしてくださいね。
 本当に「やる気を出せ」という言葉で、
 相手はやる気を出すと思っていますか? と。

 じつはこれも、あまり大きな声で言えないので、
 秘密にしておいてもらいたいのですが、
 「動いたらやる気は出てくるから、まずは手を動かしなさい」と言う人に、
 秘かに聞いてみたいことがあるんです。
 本当に、そのアドバイスで、
 相手は「わかりました!」と言って、手を動かし、やる気を出すでしょうか? と。
〜〜〜〜〜〜

 昨日から新たな本を書き始めたのよ、私は。
 「他に書きかけの原稿があるだろが!」とも思うけれども、書きかけの原稿があるから本になるのです。
 1文字も書かなかったら原稿ですらない。
 だから、着手してしまうことが何より大切なのです。

 その執筆の参考にしようと思って開いた本に、上記の文章がありました。
 ホント、今どき、やる気だの……ましてや根性だの使命だのといった時代遅れで非科学的なことを「偉そうに!」言う人がいることが信じられません。

 よほど勉強していないのだろうね〜。

〜〜〜〜〜〜
 ……「やりたいから、やる!」と気がついたら、勝手にやる気が出て、誰よりも行動をしてしまっていた。
 という感覚なんです。
 結果的には、やる気は出てるんだけど、「がんばってやる気を出していない」、
 「勝手に」やる気が出たから、行動しちゃってた、という感覚なんです。
 もちろん、
 「勝手に」やる気が出て行動できたら、苦労しない。
 とあなたが思うのは十分にわかっています。
 ただ、これが思い通りに生きている人たちの感覚であり、事実なのです。
 そして、あなたもそうなることが科学的に可能なのです。
〜〜〜〜〜〜

 そう、「科学的に可能」なのよ。
 科学的に正しい方法を知れば可能ということ。

 「活動」の中身がなんだか分かんない「活動量」などという言葉は「下の下の下」でしかないから話にならないけれども、正しい理論においては「がんばって」では売れないのよ。
 「勝手にやる気が出るやり方」をするから、広告宣伝の量が増え、質も向上する。
 だから、売れる……これが「科学的」に「正しい」思考。

 その「勝手にやる気が出るやり方」は、人それぞれ違う。
 昨夜は金沢の天才千絵ちゃんと話をしたけど、3年間で600軒の飛び込みを「楽しく」できた……なんてのは(古川くんは「マジキチ」と言った)、天才かマジキチじゃないとできるはずがない。
 それを「がんばって、やる気を出せばできる」なんて言うのは……「じゃあ、お前がやってみろよ!」でしかありません。

 もちろん千絵ちゃんも、セミナー受講後は飛び込みは1軒もやっていないと言っていました。
 そのおかげで、時給は15倍に。
 それが「正しいやり方」に基づく「正しい結果」なのです。


 あなたもぜひ、「やる気」などという言葉が横行する野蛮で低脳な世界ではなく、「科学的に可能」な世界に来てください。
 そのきっかけになれば……と思って、無料のセミナーを行います。
☆無料ウェブセミナー
「人に嫌われることを我慢してやることなく、週4アポで年収2000万を得る方法」
〜必ず失敗する「活量型セールス」からの脱却〜