「今、できること」は何?

生命保険営業の本質!

 今日から、上記「生保セールス戦略論」の発送を開始しました。
 このメルマガから登録した人から、順次の発送になります。
 受講生には第3陣で行くからね。
 お楽しみに〜。

 さらに、無料進呈の期間を今月末まで延長しました。
 理由は簡単で、メルマガやホームページへのアクセスが増えているから。
 今、急激に利益を増やしている企業や事業はたくさんあるのです。
 現状でヘタっちゃっている人は、収束後も変わらないということを自覚して下さいね。


 ということで……布団を干したり、宅配クリーニングを出したりしていたら、書こうと思っていたことを忘れてしまいました(笑)……が、思い出しました。

 昨日は、店で4人で飲んでいました。
 スーパーセールスと、スーパー税理士ご夫妻。

 爆笑しながら、「申し訳ないが、現状はオイシい」という話題に終止しました。
 例えば、税理士先生のところは、コロナを契機に、年間の経費を約700万円も減らすことができたそうです。
 700万円儲けるのは大変ですからね。すごいことですよ。

 これ、大企業だって、同じことを感じているはずなのよ。
 例えば交通費。
 テレワークで、支給する交通費が千万の単位で減ったことが確認できてしまったら、コロナ収束後だって、そのまま元に戻ろうとするはずがありません。

 で、在宅勤務が増えたら、事務所スペースだって縮小できる。
 さらには、クラウド化も進展する。ファイルのやり取りや、ZOOMの画面共有仕事ができちゃうことが分かれば、「紙の資料のストックスペース」なんて、完全に無駄でしかないこともわかり、さらにスペースが縮小できる。。

 つまりは、こういう「ウォンツ」をサポートする業務は、今、ウハウハ状態だということです。

 私の場合は、生活自体は何も変わっていないのですよ。
 ただ、広告宣伝がしやすくなった。しかも「勝手に」。
 同じ費用なのに、広告効果が増しちゃってる。

 とってもわかりやすい話が、このメルマガの開封率。
 元々、私のメルマガの開封率は、業者からすると「驚異的!」なのですよ。
 それが、3月、4月、5月の開封率を比較すると……徐々に上がっている。
 特に何もしていないのに、平均で5%くらいずつ上昇していました。

 でもね、普通に考えてみなさいよ。
 「会って、1人の人に、口頭で伝える」って……広告宣伝の方法としては、間違いなく最も非効率なやり方でしょ?
 セミナーを受講していなくたって、それくらいはわかるよね?

 つまり、そんなアホなやり方しかしていなかったら……売れないのは当たり前なのよ。
 いつもセミナーで言っているセリフ「お前ら、飛脚か!」なのです。

 でね、ウチの受講生たちは……今日も午後に、ZOOMでのミーティングが2本連続であるそうだけれども(受講生たちが自発的にやっているのよ)、今、「WEBだけで契約が取れた!」「見込み客が見つかった!」と、日々、喜んでいます。

 私にしたら、「遅すぎなんだよ、お前ら!」なんだけどね。
 師匠のこの私が、2005年からそれをやっていることを知っているのだから、「なぜ今頃になって! お前ら今まで、何やってたんだ!」と思うのは当然ですよ。

 でもまあ、コロナ禍の中だからこそ、「やってみたら、できちゃった!」を経験できている。
 ホント、良かったです。


 現状のような「制約された条件下」だからこそ、「今、できること」が見えやすくなるものです。
 見えやすくなるのだから、「今、何ができる?」を考え、すぐにやってみればいい。

 そうすると、気付くのよ。
 「あ……できるじゃん!」ってことに。
 受講生の中には、「お前、コロナ前よりも売れてるじゃん?」も何人かいるしね。

 今は「新たなあり方」と、それに対応した「新たなやり方」に向けて、社会が大きく動いている時なのです。
 こういうチャンスは滅多に来ない。自分では創出できるはずがないしね。

 だからこそ、「今、できること」を考え、すぐに動く……これが必須の時なのですよ。

 ーーーーーーーーーーーー
【無料進呈受付中! 5/30まで】私の10冊目の新刊です。

 ~3年以内に93%の生保セールスが廃業に追い込まれる「真の原因」とは?~
 「生保セールス進化論」

 詳細とお申し込みはこちら。
「生保セールス進化論」 
 ーーーーーーーーーーーー