三洞のメルマガダイジェスト VOL.2


三洞のメルマガダイジェスト VOL.2


 いや~、書いた書いた!
 メルマガ4本の本文を含め、全57ページもの解説になりました。
 
 なぜこんなに長くなったのかと言うと・・・前の2本の本文と、後の2本とでは、1~2年の間が空いているのです。
 
 正直に書いてしまいますが、この空白期間・・・仕事が全然できなくて、自転車操業状態でした。
 そこからの復活・・・しかも、後半の2本の時代から、10時間セミナーを開始した!・・・解説が長くなるのも当然ですよ。
 
 私自身が「ダメダメだった頃」を題材に、そこからの復活の過程を語るのですから、そりゃ、書いていて止まらなくなるし、読みどころも満載です。

 
 書いていて、思いました。
 「三洞のハッピー生命保険セールス Marketing Letter」は、世界の最先端成功事例の、日本の生保セールス向けの翻訳。
 一方の「三洞のメルマガダイジェスト」は、常に最先端事例を学んでいた三洞自身の、個人レベルの「理論あるジタバタ」の解説。
 つまりはこの2冊は、2冊セットで対をなすんだな~って。
 
 だから、私に会ったことがない人はともかく、セミナー受講生なのにセットで買わない人は、何か勘違いをしているのだから、もう付き合わなくてもイイな~・・・メルマガも不要だろうし、店にも来ないだろうし・・・と思いました。
 
 ◆「三洞のメルマガダイジェスト VOL.1」はこちら。
 
 折角だから、一部、短くてわかりやすい解説部分を引用しましょうね。
 
~~~~~~

 この号はものすごく盛りだくさんですね!
 解説も間違いなく10ページ以上になるでしょう。
 ・・・ページあたり100円の「量り売り」だから、あまり書かない方がイイのかもしれませんが、まあ、数百円値段が上がったって、千万単位で儲けるためのヒントが書かれてるのだから、問題ないですよね。

 ということで1つ目のポイントは「JV(ジョイントベンチャー)」。
 木戸一敏さんに店に来ていただいて、セミナーをやっています。

 これまで私が手掛けてきたJVのいくつかと、その成功度合い(A~E)を挙げると、

 ●朝日生命のセールスレディーを「飼う」(B)
 ●結婚相談所(お見合いおばちゃん系)(A)
 ●友人のお店(ライブをやったマコちゃんのお店)(C)
 ●システム開発会社(C)
 ●ホームページ制作会社(E)
 ●税理士(E のち A)
 ●社会保険労務士(E)
 ●コーチ(Eなんてとんでもない!まさにZ!)
 ●カラーコーディネーター(D)

 といったところです。

 こうして列挙して見ると、明らかな法則性が2つ見えました。

1、「上から喋れる」でないと、成功しない。
2、相手がダメだと、成功しない。

 例外は結婚相談所だけですね。規模も大きかったし(関東で3番目の登録者数)、社長も私より20歳以上、年齢が上だったし。
 これは、「おたくの会社のパンフレットに、私の写真と肩書(CFP)を無料で使って下さい」というオファーが見事にハマったから。

 朝日生命のセールスレディは、その頃、新たな試みとして実施された「フェアリー」なる新卒採用の女の子たち。私よりも丁度1周り歳下ですから、上からしか喋れないし、合った瞬間に向こうが「下」だと思ってる。。

 典型は税理士さん。ソニーに入った当初、先輩から「税理士と組まないと売れない」という、あまり効き目のない、しかもピンと来ないアドバイスを貰って、「まあ、それなら同級生の税理士には連絡してみるか」と思って電話をしたら、開口一番、「保険は紹介しないよ」・・・。
 同級生であっても、彼は2代目だし、社員が15人ぐらいいる会計事務所の所長。一方私は、ソニーに入ってわずか半年のぺーぺーですから、向こうは「自分の方がはるかに上」だと思っています。
 その時の感想は、「税理士? フザケンナこのバカがっ! お前らなんか頼らね~よ。そもそも、誰でも合格できるような簡単な試験に受かったぐらいで、先生ヅラしてんじゃね~! 死ね!」でした。
 当然、以降、「税理士を解雇するトーク」に磨きを掛けましたから、今でも大得意です。

 一方、今の税理士さんは、私より6歳下(見た目は6歳上にしか見えない。老けているのではなく、貫禄。奥様も貫禄で、超スーパーセールス税理士!!! こういう素晴らしい人に限って、三洞を「男として最高!」と言ってくれるし、しかも、お互いが顧問契約を結んでいるから、向こうも常に私を「先生」と呼ぶ。
 ・・・だから、普通にJVが成立するのです。

 一方、JVが成立しない「ホームページ制作会社」「社会保険労務士」「コーチ(Zランク!)」「カラーコーディネーター」なんてのは、すべて、スウ3が常に言うところの「ちゃんとしていない人たち」が非常に多い。
 今となれば明白ですが、食えないヤツと組んだって、マイナスにしかならないのです。
 
 そして、「地獄の7社」の次に最悪なのが「コーチ」!!!
 セミナー講師仲間の、ごく普通に通用する常套句は、「金持ちのファイナンシャルプランナーと、幸せなコーチには、会ったことがない!」・・・本当にその通りだと思います。

 尊敬に値する仕事をしていて、なお且つ、「上から」喋ることができる相手に、「リスクゼロで利益を与えることができるオファー」を提案する・・・これがJV成功のための前提と言えるでしょう。
~~~~~~

 JVについての解説の一節ですが、JVが成功するかしないかのポイントが、非常に明快に書かれています。
 
 この後、10時間セミナーがどうやって開始されたのか・・・「正しいFF」について、実際に私が「飲み屋のカウンターで、初めて喋った人相手に、正しいFFによって、3分未満でAC90万の保険を売ったトーク」が、そのまま書かれています。
 
 私、独身女性を10人集めてくれたら、1人につき持ち時間3分で、「はい、次の人!」で、8人から契約を取る自信がありますからね。
 そんな「最強トーク」も惜しげなく公開しています。

三洞のメルマガダイジェスト VOL.2

◆PDFダウンロード形式 47ページ
◆価格:量り売り~1ページ100円につき、5,076円


【お申し込みはこちらから】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

所属会社名

営業経験年数


質問・感想をお待ちしています



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「14時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」



楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)



図解 モノを売る!プレゼンの極意成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する

生保セールス三者対談