人生における幸せの量

セミナー受講者の声

 10日以上、メルマガ配信しなかったんだね〜。

 正しくは「毎日配信すべし」なのは分かっています。
 でも、もっと正しくは、「まあ、それを分かった上で、気分で配信」だということも、メルマガを開始してから20年が経った今は、分かっています。

 先々週の土曜日に、林ご夫妻とともに熱海に向かいました。
 2人の静岡の受講生を交え、ジョニーちゃんと楽しく飲んで、一泊してから野沢温泉に移動しました。
 そこで私は4泊しました。
 1人の受講生と、2人の面会者があって、2人はセミナー受講を決めてくれました。

 木曜の午後に帰宅して、昼寝して(車中でチューハイを飲んだ)、夜は店に受講生が10人ほど遊びに来てくれました。
 少々飲みすぎたので、金曜は少々ぐったりしていました。
 土曜は12時間セミナーで、少々飲みすぎたので、日曜は少々ぐったりしていました。

 そして月曜、スッキリとした気分で、今、これを書いています。
 ず〜っと「楽しMAX」でした。


 メルマガを書けなかった言い訳を書いているわけじゃないですよ。
 そもそも「書けなかった」ワケではなく、「書かなかった」のだからね。
 私に命令する人はいないし、強制されて書いているワケでもないし。

 ただ、「楽しかった」ということを伝えたくて書いたのです。


 つい先日、16時間動画セミナーを受講した人が、LINEグループでの自己紹介に、こんなことを書いてくれました。

〜〜〜〜〜〜
 ……再度、代理店に入りましたがここも続けられず、もう諦めようかと思いましたが、諦めきれず現在の保険代理店に。
 入った直後にコロナで試験が受けれず、何もできずに思い悩んでいました。

 悩んでいても仕方ないと思い、これは何かのチャンスと考え、販売が出来るまでに勉強しようと決意。
 その時、同期の方に五十田先生の存在を聞きました。
 もともと、長く売り続けたいと考えていましたが、「楽しく長く売り続ける」という五十田先生の言葉に驚きました。
 今まで「活動量」とか「とにかく会いに行け」と教えられてきたので、「楽しく」なんて出来るのだろうかと思い、受講することに二の足を踏んでいました。
 私は、最初の保険会社を辞めてから、家にいても、家族と出掛けても「心ここにあらず」でずっと悩んでいました。
 妻から「もっと楽しそうにしてよ」と怒られていました。
 もし楽しく売り続けることが出来れば、家族の笑顔も増えるだろう、もっと家族を色々なところに連れていけるだろうと思いました。
 そうなりたい、そうならないといけないと考えて受講を決めました。
〜〜〜〜〜〜

 エラいエラい。
 よく「正しい決断」をしたよ。

 「既成概念」というものは、私たちの幸せの量を減らす最大の要因なのだけれども、私自身もこれを読んで、「あ、そうなのね!」と気付くことができました。

 会社は、生保セールスを「ツラいもの」「苦行」「でも、それをやるべき」と教える。
 それは分かっているのですよ。
 だからこそ、私の「楽しく長く売り続ける」という言葉に対して「驚いて」、しかも胡散臭く感じてしまうケースもあるんだな〜……って、気付いたのです。

 いや、だから言い方を変えようとかは、1ミリも思っていませんよ。
 ただ、「やっぱ、『楽しく』という言葉は、響くんだな〜」と、あらためて思ったのです。

〜〜〜〜〜〜
 人生における仕事の時間はおよそ10万時間。
 この時間が、苦しいものなのか、楽しいものなのかによって、人生における幸せの量は大きく変わる。
 だから、単に売れればよいというものではない。
〜〜〜〜〜〜

 セミナー開始直後に出て来る言葉です。
 彼は、そこに気付いて、受講を決めてくれました。

 もちろん、「セミナーを受講しただけで売れるようになる」なんてことはあり得ません。
 「楽しく」と言ったって、正しい努力や、たくさんのジタバタなしには、売れるようになるはずもありません。

 ただし、「楽しく売れるようになろう!」と思っているのと、「仕事なのだから、つらいのが当たり前」だと思っているのとでは、人生における幸せの量は大きく変わる……このことは、明確に認識するべきなのです。

 なぜならそれは、あなたの人生に大きな影響を与えることなのだから。

 ーーーーーーーーーーーー 
【無料進呈受付中!】私の10冊目の新刊です。

 ~3年以内に93%の生保セールスが廃業に追い込まれる「真の原因」とは?~
 「生保セールス進化論」

 詳細とお申し込みはこちら。
「生保セールス進化論」 
 ーーーーーーーーーーーー