見た目で優位に立つ(1)

2015.5.7|生命保険営業の本質! セールストーク・プレゼンテーション

前回、「喋りの3つのポイント」と題して、

<1>「何を喋るか」の前に「誰に喋るか」

<2>「何を喋るか」の前に「何を喋らないか」

<3>「何を喋るか」の前に「どの順番で喋るか」

と、3つのポイントをあげました。

いずれも「何を喋るか」の前に・・・となっていますが、今回は「さらにその前」の話です。
だから、とっても重要ですよ。

で、突然ですが、誰でも知ってる「メラーヴィアンの法則」。

 ■見た目(視覚情報)・・55%
 ■声(聴覚情報)  ・・38%
 ■話の内容     ・・ 7%

・・・そう、話の内容なんて、たったの7%しかないんです。
だから「喋り」の前に、「見た目の準備」が不可欠なのです。

でね・・・。
こういう話になると、会社や、役立たずの指導者たちは、すぐに「身だしなみ」なんてことを言い出すのでしょうが・・・そんなことはごくごく当たり前の話。
業種や会社を問わず、今春に入社したばかりの新入社員だって、全員が既に教わってますよ。

つまりは、全~~~然、私たちプロレベルの話ではありません。
そんなの、アホだって言えるしね。

しかも、その指導の仕方が「真逆」・・つまりは「あなたを売れなくする、正しい理論とは真逆の、間違った教え」であることが非常~~~に多い!
その結果は・・・「見るからに売れなそうなセールスマンの出来上がり」です。

実際、「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」の受講者の感想でも、「見た目の話は、かなりヤバいと思った」という意味のコメントを、いつもいただきます。

言葉は人によってそれぞれ違いますが、「ヤバい」の意味は、
「見た目について、五十田の話を聞かなかったら、この先ず~っと、鉄ゲタ履いてマラソンするようなことをするところだった」
ということです。

そりゃそうですよ。
だって、話の内容が7%で、見た目が55%なんですからね。
そこを無視したら、ものすごく効率の悪い仕事にしかなりませんよ。
はっきり言っておきますけど、「身だしなみ」なんてレベルは、「無視している」ということですからね。それを明確に認識しましょうね。

では、どうしたらよいか?
基本は「優位に立つ」です。
顧客満足度理論においても、心理学においても。

・・・続きは次の機会に。ものすごく長くなっちゃいますから。
お楽しみに。



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「14時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」



楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)



図解 モノを売る!プレゼンの極意成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する

生保セールス三者対談

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL