顧客が興味のないものは売れない

2018.6.12|生命保険営業の本質! あなたを売れなくする「間違った教え」

 まあ、今更言うのも恥ずかしいぐらいですが、ダン・ケネディの言葉を。

 「人々が興味を持たないものは売れない」

 当然です。

 今はやめちゃったけど、以前に「対面トークレッスン」というサービスをやっていたことがありました。
 それなりに人は来たたけど、あまりにもひどすぎるトークばっかりなので、「これじゃ、意味ないな。セミナー受けていない人には、解説しても伝わらない」と思ってやめました。

 中でも一番驚愕したのは、ジブトーク。
 ちなみに、地獄社の人は一人も来ていません。もちろん、地獄社の人は、トークレベルの話じゃないから最初から拒否しているからですが・・・それにしてもあの時は驚いたな~。

 「じゃ、喋ってみて下さい」と言って、受講者が喋り始めて、1分ぐらいで止めました。

 「ストップ! ちょっと待ってね。これ、トーク研修だから、いわゆるロープレなんだけど・・・あなた、それ、客に喋っていることなの???」

 「はい」と言うから、ホント、驚いたのです。
 だって、そもそもトークとは思えないようなトークなんだもん。
 でも、「これが会社に教わったトークなので・・・」

 プロの私が聞いたって、「一体、何について喋ってるの???」のトークなのですよ。
 「高度障害ってご存知ですか」から始まる・・・。
 一体、どんな話が展開されるのか、全~~~然予測すらできませんでした。

 ・・・ホント、オカシイですよ。

 「人々が興味を持たないものは売れない」

 高度障害に興味を持っている人なんて、世の中に存在するの?
 しかも喋っている内容が、完全かつ極端に「自己中」なんだもん。
 まさに、典型的な「顧客無視」。
 聞いている素人は、ホント、何を言っているのか、ワケワカンナイですよ。


 で、ダン・ケネディは、こう続けます。

 「人々が興味を持たないものは売れない」
 「すでに顧客が考えていることから会話を始めよ」

 高度障害なんて「知らない言葉」を、すでに顧客が考えているはずがありません。
 そして、こう言います。

 「残念ながら多くのビジネスパーソンが、この初歩的で明確なことのために、大量のエネルギーとお金を無駄にしています」

 そりゃそうですよ。
 こんなアホなトークを発したら、どんなに「活動」したって、売れるはずがないのですから。

 そして、トレーラーハウス住まいの売れないギタリストだったのに、デジタルコンテンツで数百億の売上を上げたエベン・ペーガンというおっさんは、こう言っています。

 「最も稼げるビジネススキルで、あなたにも身につけられるものは『共感』・・・もっと具体的に言えば『思いやり』のスキルです」

 テレアポには、共感も思いやりも皆無です。
 「高度障害」にも「保障の必要性」にも、共感なんて全然ありません。

 つまり、本当~~~に「果てしなく売れない方法」だということ。


 あなたも、もういい加減に、そんな世界とは訣別しなさいよ。
 ホント、バカじゃね~の?

質問・感想をお待ちしています



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「16時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる12時間セミナー」

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL