あなた、「忙しい」って言っちゃってません?

 ・・・って言うと、普通のサラリーマンなら、普通に「はい」で済むんですけど、生保セールスの場合はちょっと違う。
 だって、「忙しい」って言えるほどアポが入っている人のほうが珍しいから。
 「いや〜、忙しくて」「うらやましいな〜」になっちゃう。

 まあ、セミナー受講者は分かっていますが、そもそも「忙しい」は、「あなたを売れなくする言葉」の代表ですからね。
 決して使ってはいけません。

 でも・・・ここからが重要なんですよ。

 カツカツのアポしか入っていないのに、クダラね〜ミーティングとか、売れない方法しか教えてくれない社内研修とか、アポが全然取れないテレアポとか、「飛び込みやろう!」って思ったけど挫けて喫茶店とか、何の契約も産まない保全とか・・・に時間を取られてしまう。
 そして、帰宅すれば、子供はとっくに寝ていて、晩御飯をレンジで温めて食って、寝て、朝起きて満員電車に乗って・・・の繰り返し。
 休日も、翌日からの仕事や、減っていくばかりの貯金や支払いのことを思うと、心おだやかに休めない・・・。

 生保セールスってのは、スウ3曰く、「お金の自由」「場所の自由」そして「時間の自由」の3つの自由を得ることができる、稀有な職業です。
 そして、資産を持たないあなたが、あなたのビジネスに唯一「投資できるもの」は、あなたの「時間」しかありません。


 あなた、知ってます?
 一流の人々は、絶対に「忙しい」と言わないことを。

 彼らは、手が4本あるわけでもないし、3時間睡眠でも平気なワケじゃないし、「秘密のツール」を持っているワケでもありません。
 もちろん、1日が24時間なのは、あなたもビル・ゲイツも変わりません。
 1時間の昼寝の心地よさは、あなただってビル・ゲイツだって同じです。

 あなたと彼らの違いは、たった1つ。
 「時間の投資法」を知っているのかどうか・・・だけなのです。

 「時間投資法」とは、

 ・単に作業効率を上げる方法
 ・スケジュール管理アプリの使い方
 ・「優先順位」のつけ方

 といった「耳タコ」な話ではありません。

 5つのステップに沿って、時間を「消費する」のではなく、時間を「投資する」方法・・・それが、『時間投資思考』なのです。


 私は、ソニー生命に入った時、「週に3日間だけ仕事をする。それ以外の時間は外出せずに筆を持つ。それで全社員平均の売上をあげる」が目標でした。
 同時に「目覚まし時計のない生活を手に入れる!」も目標の1つでした。

 結果は・・・週に2日の外出で、300週間連続で挙績をあげました。
 今は、目覚まし時計どころか、手帳も持たない生活を送っています。

 「好きなだけ寝ていたい男」「毎日必ず昼寝をしている男」が、なぜ300週間連続で契約が入れられたのか?
 今思えば、常に、「筆を持つ事ができる時間を、保険の仕事をする時間に投資している」の意識があったからだと思います。
 書家としての貴重な時間・・・それを保険の仕事に使うのは、食っていくためとは言え、明らかな「投資」なのです。

 そして今・・・この「時間投資思考」を読んで、さらに思考が整理されました。
 わずか2時間程度の「お勉強」で、さらに時間を有効に使い、今以上にお金と心のゆとりを増やす方法を知ることができました。

 とにかく、すごい本です。


 ☆時間を増やせば、人生が変わる〜「時間投資思考」☆

質問・感想をお待ちしています



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「16時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる12時間セミナー」

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL