小林正観さん・・・知ってます?
 残念ながら数年前に他界しちゃったけど・・・こんなにも世の中の幸せの量を増やした人はいないでしょう。

 クソ安倍なんか、遺骨を煎じて飲んで他界するべきです。

 本、読んだこと、あります?
 必読図書にしているから、受講生は全員読んでるけど、誰もが「素晴らしい!」って言いますよ。

 で、正観さん風に言うと、宇宙の大原則に「投げかけたものが返ってくる」ということがあります。
 愛すれば愛されるし、嫌えば嫌われる。
 だから、自分が楽しくなければ相手も楽しくないし、楽しくないこと我慢して仕事をすれば、相手も楽しくないし、同時に我慢を強いることになります。

 会社の教えは、まさにこれですよね。
 苦痛でしかないテレアポを強要して、相手に苦痛を与える。
 楽しくないセールストークやセールスプロセスを強要して、折角の見込み客に我慢を生じさせてしまう。

 私は「お勉強」が大好きだし、作戦を立てて実行するのが大好きだし、セールストークを考え、シーンを想像し、シャドーロープレするのが大好きだし、文章を書くのが大好きだし、セミナーで喋るのが大好きです。
 そういう姿を受講生に見せても・・・最初の内は「やること山積」だし、前途が果てしなく長く見えるから、「先生はイイよな~」で終わってしまう。

 でも、「イイよな~」と思える姿を見せるから、「先生みたいになりたい」という嬉しい言葉が返ってくるのですよ。
 これがもし「苦難の末に」「膨大な活動量の末に」「子供なんか放置して」みたいなことを言っていたら、「それはイヤだな~」になっちゃいますからね。

 そしてこれも宇宙の大原則。
 「人は変えられないが、自分の心は変えられる」。

 「楽しく仕事をするんだ」「楽しめる方法じゃないと続かないし、売れないんだ」という正しい認識を瞬時に持つことは、誰にでもできます。
 自分が開拓した職域に行くのだって、「コップに水が半分・・・」の例えと同様、「仕事だから行かなくちゃならない」と思うこともできるし、「今日も一発、決めてやる!」と思うことも出来ます。

 こうした「あなたの気持ち」が、見込み客候補者にも伝わり、それがそのまま返って来るのですよ。
 つまり、「仕事なんだから行かなくちゃならない」なら、相手は「オレにとっては仕事じゃないのだから、話を聞く必要も、ましてや契約する必要もない」になっちゃうし、その逆に「今日はオレが、契約するって決めてやる」にもなるのです。

 人生における仕事の時間はおよそ10万時間。
 その時間を楽しめるのか、それとも苦痛に耐えるのかによって、人生における幸せの量は大きく変わってくる・・・セミナーの主旨説明での言葉です。

 そして、さらにその先のことを言います。
 「楽しめないと、そもそも売れないんだよ!」

 あなたも、家族や仲間や見込み客に「楽しんでいるから売れている姿」をたくさん見せてあげられるようになって欲しいと、私はいつも思ってます。


質問・感想をお待ちしています



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「16時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる12時間セミナー」

コメント一覧
  • やっと自分のカラダや気持ちで分かりました。国内生保(住友)退職しました。三洞先生は熱く教えてくれてたのに、いまごろです。
    新たな生き方考え中です。
    いつもメールありがとうございます
    アドレス変更をお願いします。


    2018年5月26日 10:43 AM | 西岡 芳枝 | このコメントに返信

  • コメント、ありがとう。
    地獄からの脱出、おめでとう!

    あなたは受講者の方?


    2018年5月26日 5:07 PM | info@3dou.net | このコメントに返信

  • 返信ありがとうございございます。
    2015年に大阪でのセミナーに参加した受講生です。
    ご連絡遅くなりごめんなさい。


    2018年6月7日 12:23 AM | 西岡 芳枝 | このコメントに返信

  • そうなのか。こちらこそ失念していてゴメンナサイ。早くマトモな世界に来てね。


    2018年6月8日 12:54 AM | info@3dou.net | このコメントに返信

この記事にコメント

*

トラックバックURL