「学資保険」なんて、今でもあるんだ!

2018.2.28|生命保険営業の本質! 生保業界の真実

受講生のLINEのグループ「パワースポット三洞」で、先日、学資保険の話題が出ていました。

 まあ、簡単に言うと「学資保険をひっくり返すには?」みたいな話。
 私は「やっぱ、この業界、かなりおかしいな~」と思いました。

 まずね、知ってる人には当然過ぎるけど、ソニーの学資保険は今でも一番利率が良いらしいですが、ソニーの人間は絶対に学資を売りません。
 スキルほぼ皆無の、アホな若造でも。

 理由はとっても単純。
 「コミッションが煙草銭にもならないから」

 で、これを読んだ「地獄の7社の狂ったおばちゃん」は「やっぱりソニーは顧客無視で、自分の収入優先なんだ!」・・・なんて、狂った勘違いをする。

 コミッションがゴミだから、売りたくないのは当然。
 でも、入ったばかりの若造でも「誰も売ってないじゃん?」ということに、すぐに気付く。
 で、売れてる人に「なぜなんですか?」って聞くワケですよ。
 そうすると、「学資ってのはさ~・・・なワケよ。それよりこっちの方が・・・な、全然得だろ?」って教えてくれる。
 
 だから、ソニー生命の人は、どんなに売る力がなくても(ほとんど全員だけどね)、「ソニーの学資に入りたいんですけど」って言ってきた人に対する「学資なんてゴミ」のトークは、すぐに上手にできるようになるのです。

 私も25年前に、笹井さんにこのトークを教えてもらって、「なぜ学資がゴミなのか」を一瞬で理解しました。
 だから、当時はソニーには学資も年金も売ってなかった理由も理解できました(つまり、顧客第一だった)。
 同時に、地獄だろうが簡保だろうが、学資と年金に入っている人を見つけたら、即座に根こそぎ解約させて、根こそぎ契約を取ることができました。

 で、25年が経って・・・ですよ。
 受講生のLINEグループで、そんな話題が出ている。

 受講生ですからね、今は日本最高峰レベルの知識はあります。
 でも、そんな彼らでも、そんなことが話題に上がっている・・・。
 私は、そんな話は、今時はみんなできるものだと思っていたのに・・・。

 要するに、25年間、何~も進歩していない業界なの。
 そして、このご時世に「学資保険」なる商品を売っている会社が結構あるって・・・完全に顧客無視なんですよ。

 そもそも「入学お祝い金」だの何だのって、昔、地獄が独身女性向けによく売ってた「5年ごとにお小遣い10万円」とかいうのと同じで、保険を知っている人から見たら、ちゃんちゃらおかしい「子供だまし」でしょ?

 そういうこともわからずに「お客様のために」なんて抜かしてる・・・
 そんなクソバカの世界には、幸せなんて、あるはずないですからね。



質問・感想をお待ちしています



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「16時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる12時間セミナー」


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL