昨夜も店内は受講生で満席でした。
 
 今月から売り始めた受講生が、「すぐに知り合いは尽きるから、マーケティングの効果が出るまで、職域(諸苦域)に行ってもいいですか?」と聞いて来ました。
 
 私の答えは「絶対にダメ。やめなさい」
 彼女の答えは「はい。もう絶対にそんな(損な)ことは考えません」
 
 いい子、いい子。
 言い方が潔くて素敵でした。
 
 で、もちろんそこで終わらずに、「今、目の前で見込み客を見つけてやるから、安心しろ」と言ったら、当然ながら、受講生全員が寄って来た。

 ・・・約1分後、「うわ~っ!」の声。
 見込み客がイヤになるほど見つかりました。

 「ここに、定型文をコピペするだけ。電車賃もガソリン代もいらないし、炬燵に入ったままで、短時間でできる。子供が寝てからやればいい。な、簡単(感嘆)だろ。これでも職域(諸苦域)、行くか? 職域営業なんて、ホント、ゴミだろ?」
 
 隣に座っていた別の女性が「今、全身がゾクゾクっとした!」と言いました。
 年末に、ものすごく嬉しい言葉が聞けました。

 受講すれば、こういう状態になれるのにね~。
 このメルマガ読んでるだけのやつって・・・ホント、バカ。
 バカだから売れないってだけで、それは当然ですよ。

 ということで今日は、ガラッと話題を変えて、見た目の話を。

 ~ ~ ~ ~ ~

 「見た目」については、過去に何度も書いているので、ホームページを検索して、記事を読んで下さい。

 ・・・検索窓、あったかな?
 後で見て、なかったら付けておきます。(→付けました!)
 
 で、数日前に東京海上の社員の人が4人来て、ちょっと昔話になったのですよ。
 
 私はソニーを無事に卒業して個人代理店になりましたが(今は、経営者ではなく、代理店に「所属」しています)、代理店になれば、ソニー以外の会社の商品も扱えます。
 最初に乗り合いしたのは、たしかアリコジャパン(今のメットライフ)だと思います。次があんしん生命。

 スウ3があんしんに移籍したばかりの頃で、わざと「知らない土地で!」と希望して、埼玉にやって来た(スウ3は名古屋出身)。
 そして、代理店開拓のために「渾身のFAXDM]を出した。
 そこに最初に反応したのが私・・・となります。
 
 あんしんはどうでもよくて(バカにしているわけではない)、要はスウ3ですよ。スウ3と組んだことで、お互いのビジネスは大いに発展しました。
 そして私は、週に2日ではなく、月に2日ぐらいしか外出しなくなったのに、地域でトップレベルの代理店になりました。
 もちろん初年度から、表彰式に呼ばれました。
 
 
 さて、表彰式です。
 東京海上の表彰式の会場は海上でした。
 東京湾内クルーズ船。
 
 もちろん「何を着て行こうかな?」と考えました。
 考えのスタートは「絶対に負けね~!」です。
 「オレ様と、田舎のダサい代理店のオヤジ連中との違いをは、はっきりと見せてやる!」

 選んだコーディネートは以下の通り。
 
 ●金髪にピンクの細いメッシュ
 ●真っ赤なダブルのスーツ
 ●ラメ入りの白いシャツに鮮やかなブルーのテカテカネクタイ
 ●オーストリッチのオーダーシューズ
 ●金ベルトのエルメスの時計
 ●金色の鳥の羽のブローチ
 ●金のピンキーリング
 
 
 さて、会場です。
 
 表彰される人なんてのは顔ぶれが決まっているから、みんな顔見知り。
 表彰・会食の前から、あちこちで和やかに談笑していますが、私は初参加なので、知人ゼロ。
 会場の片隅で、1人ポツンと水割りをなめておりました。

 そうしたら・・・後ろから女性の小さな声が聞こえてきました。
 
 「・・・芸人さんよね? 知ってる?」
 「知らない。余興、何なのかな?」
 「お笑いっぽくないから・・・手品じゃない?」
 「ああ、そうかも。マジシャンなんだよ、きっと」
 
 ・・・って思われても仕方ありません。
 保険代理店のオヤジには絶対に見えませんから。
 
 しばらくして、今度は男も交じった、こんな声が。

 「これ、誰? いつもはいない人でしょ?」
 「ごじゅう・・・た?」
 「いがだ? いとだ? いとだとし・・・って読むの?」
 「でもこれ、個人だよね? 数字、すごくない?」
 「あ、ねえねえトップサービスさん、この人、知ってる?」
 「いや、私も知らない人だから、誰だろうって思ってたんですよ」
 「若生さんよりも売ってるから・・・何かすごいですよね?」
 「だから、見たことない人が何人かいるから名刺交換してみたんだけど、この名前の人じゃないんだよね~」
 「来ないのかな?」
 「まあ、表書式が始まればわかるからね。いたらもちろんお話しますよ」
 
 
 で、いよいよ表彰式です。
 常務さん(数年前に定年退職したのに、1カ月くらい前に店に遊びに来てくれた)が舞台に上がり、お礼の言葉の後、表彰者の名前が1位から読み上げられます。
 
 「第1位、埼玉りそな銀行様。第2位、三菱自動車販売埼玉様。第3位、埼玉トヨタ自動車販売様。第4位、埼玉県信用金庫様。毎年、本当にありがとうございます。残念ながら、いつものように、4位までの代理店様は、表彰式への参加をご辞退なさっております」
 
 「・・・では、続けます。第5位、五十田敏様」
 「はい!」

 私が勢いよく返事をして舞台に向かったら、うしろから「え~~~~っ!」という驚愕の声!


 そりゃ驚きますよね。
 余興のマジシャンだと思っていた、金髪に真っ赤なスーツの男が、実は保険代理店主で、場内1位の売上なのですから。

 パーティーになったら・・・名刺を手にした人たちにドワ~っと囲まれました。
 でも、三洞さん・・・名刺、持ってない。

 「お名刺、頂戴できないんですか?」
 「すみません、持ってないんで・・・」
 「お忘れになっちゃったの?」
 「いや、普段から持ってないんですよ」
 「え~っ! それで契約、取れるんですが?」
 「一応、表彰されるぐらいは取れてますけど・・・」
 「・・・ですよね~・・・」

 おばちゃん連中からは「一緒に写真撮ってください」の嵐。
 売れない芸人よりもはるかにモテてます。
 
 さらに。
 1人のおばちゃんが、名刺を持っていない私に、「写真、送りますから、こちらに送り先、書いていただけませんか?」と、バッグから手帳とペンケースを取り出しました。
 ボールペンを差し出したのですが、ペンケースの中に筆ペンが入っているのが見えたので、「その筆ペンでもイイですか? 立って書くなら、そっちの方が楽なので」。
 で、おばちゃんたちに囲まれて、立ったままササっと住所と名前を書いたら、また「うわ~っ!」。

 そりゃ、驚いてもらわないと困りますよ。
 書家なんですから。
 
 そうしたら、私を囲んでいたおばちゃんたちが一斉に下を向きました。
 バッグから手帳を取り出すために。
 以降はサイン会になりました。
 雰囲気を味わうために・・・縦に一列に並ばせました。
 そうしたら・・・どんどん行列が伸びて、すげ~長い行列になってしまいました!
 
 こうしていきなり、保険をたくさん売っている人たちの中でも、「上位のポジション」に立つことができたのです。
 これが、セミナーで1時間も掛けて喋っている「優位に立つ見た目」の、とってもわかりやすい形ですよ。
 
 基本は「絶対に負けね~!」
 イイですか、客に負けてる髪形、服装、バッグ、時計、靴、車では・・・ほんの少ししか売れません。
 
 「優位に立つ」ですよ。同等じゃ売れないのです。
 瞬時に圧勝するから売れるのです。

 ・・・それを、「保険屋らしく」「地味に」「安い車で」「嫌われないように」って・・・本当に本当に本当~~~に、くそバカ!
 
 
 三洞の名言です。
 
 安い服着て安い保険、高い服着て高い保険。
 地味な服着て地味な保険、派手な服着て派手な保険。

 貧乏くさい人には、貧乏な人が寄って来て、貧相な保険しか売れなくて、貧乏になっちゃうのです!


 最後に。
 
 表彰式の余興は「悲しいとき~」っていう芸人さんでした。
 アンコールで「どけどけどけ~、ばかやろこのやろめ~」ってやつも、やってくれました。
 

質問・感想をお待ちしています



楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL