これが「本当の愛」なのです!

2018.1.6|三洞の「これが言いたい!」

 12月25日は、お店「三洞」の開店記念日です。
 
 昼間に受講生が4人、家に来ていました。
 1人がちょっと遅れて来ました。何か、会社で用事があったそうです。
 で、支社長に「この後の予定は?」って聞かれて、「三洞先生の家に行く」って言ったら、「えっ、それなら早く行きなさい!」って言ってくれたそうです。
 
 「まともな話」をいっぱいして・・・「三洞先生って、ホントに頭イイですね~。あいまいな話、しないし」と言われました。
 
 ビジネスなのですから、あいまいな精神論など、何の役にも立ちません。
 
 午後には、2月に「普通の会社」への入社が決まった博美が来て、私の仕事のお手伝い。
 ここでも、あいまいな指示はいたしません。
 
 で、夕方になって店に出て、ボチボチと受講生が集まりはじめて・・・最初は、ソニー2人とプルが1人で、こんな話題になりました。
 
 「この前、プルデンシャルの人と交流会で喋ったら、いきなり『愛ですよね』って言われて・・・こいつホモなのかと思って、気持ち悪かったです」
 「マジですか! キモいっすね~」
 「そうなんですよ~。『件数は愛』なんて馬鹿なこと言ってるんですよ~」
 「件数は金に決まってるじゃん!」
 
 そういう会話を受けての私のコメント。
 
 「あのな~、愛を語って金儲けしてるのは、結婚詐欺士とホストとインチキ宗教だけなんだよ。だから、そういうキモいことを言っている会社は、インチキ宗教以外の何物でもないの。
 『体売ってます』のソープ嬢の方が、はるかに潔い。体も売らずに愛を売ろうなんてのは、ふざけんな!なんだよ」
 
 前にも書いたように、長年連れ添って、甚大なるお世話になった配偶者にだって「愛してる」とは言わないのが日本人。
 結婚前のベッドの中でだって、「好きだよ」「かわいいよ」とは言っても、「愛してる」とは滅多に言わないですよ。結婚したら無縁の言葉になる。
 
 異国の、なじめない風習を、何の思考もなく受け入れちゃう・・・つくづく頭、悪いよね~。
 バカ丸出し。
 
 普通に考えたら・・・キモいに決まってるのに、それをキモいと思わない人間は、「お前の存在がキモいんだよ!」でしかありません。
 
 まあ、恐ろしく知能指数が低いのでしょうから、無視するしかありませんね。
 みなさん、ビジネスは、理論と数字でできているのですよ!
 
 知能指数の低い人のことを書いたから、お清めのために、知能指数の高い人の話を書いて終わりましょうね。
 
 昨夜、最後に登場したのはスウ3。
 京都のお土産(ものすご~く美味い漬物!)を持って来てくれました。
 次女のひらりちゃんが、高校駅伝で走ったからです。
 
 例によって、受講生たちにたっぷり喋ってくれましたが、最後の方で、私とのこんな会話になりました。
 
 「初出場で18位ってのは素晴らしいけど、これでますます強い子が入って来るから、5人に選ばれるだけでも至難の業だよな~」
 「さすが三洞さん。そうなんですよね~。ひらりだって1年生で走ったんだから、強い子が入って来たら、すぐに補欠ですよ」
 「大変だよな~。そんな話すると、また泣いちゃうよ、オレ」
 
 そして・・・ここからが素晴らしい!
 
 「でもね、ケイコ(スウ3の奥さん。ものすごい美人)が、昨日の夜、言ったんですよ。『ひらりに、陸上、いつ辞めてもイイよって、言ってイイ?』って」
 私はその意図がすぐにわかったから、「素晴らしいね~」って言いました。
 そしてスウ3も同じように思っていたから、ケイコさんに「頼んだよ」って言ったそうです。
 
 普通の親なら「もっと頑張ってね」とか「来年はもっと順位が上がるね」なんて言っちゃうと思いますよ。
 でも、埼玉代表になれるかわからないし、そもそも県大会で走れるかどうかもわからない。
 もちろん、そういうことを言うのは少しも悪いことではないけれども、でも、それよりも、「頑張ったね。素晴らしかった!」で終わる方が、はるかに美しいですから。
 
 だから私も、こう言いました。
 
 「そう。好きなように生きればイイ。陸上だって、高校だって、やめちゃったっていいもんね~。『私、モテるに決まってるから、大学行って遊ぶ』でもイイじゃん。ひらりが学校出たら、スウ3、保険代理店やって、ひらりにも売らせりゃイイんだから。そうしたらオレも取締役で入って、受講生の受け皿が作れるし」
 
 そんな話をしてたら、高校を退学になったトシ君(私の息子)が泥酔して店に入って来ました。
 スウ3に「トシ君、久しぶりじゃん!」と言われて、元気に返事をして、一緒にビールを飲んでいました。
 それを見て、また三洞さんはちょっと泣きそうになりました。
 
 こういうのを「愛」って言う。
 件数が愛のはず、ネ~だろがっ!

 ~ ~ ~ ~ ~

 知能指数の低い人のことを書いたから、お清めのために、知能指数の高い人の話を書いて終わりましょうね。
 
 昨夜、最後に登場したのはスウ3。
 京都のお土産(ものすご~く美味い漬物!)を持って来てくれました。
 次女のひらりちゃんが、高校駅伝で走ったからです。
 
 例によって、受講生たちにたっぷり喋ってくれましたが、最後の方で、私とのこんな会話になりました。
 
 「初出場で18位ってのは素晴らしいけど、これでますます強い子が入って来るから、5人に選ばれるだけでも至難の業だよな~」
 「さすが三洞さん。そうなんですよね~。ひらりだって1年生で走ったんだから、強い子が入って来たら、すぐに補欠ですよ」
 「大変だよな~。そんな話すると、また泣いちゃうよ、オレ」
 
 そして・・・ここからが素晴らしい!
 
 「でもね、ケイコ(スウ3の奥さん。ものすごい美人)が、昨日の夜、言ったんですよ。『ひらりに、陸上、いつ辞めてもイイよって、言ってイイ?』って」
 私はその意図がすぐにわかったから、「素晴らしいね~」って言いました。
 そしてスウ3も同じように思っていたから、ケイコさんに「頼んだよ」って言ったそうです。
 
 普通の親なら「もっと頑張ってね」とか「来年はもっと順位が上がるね」なんて言っちゃうと思いますよ。
 でも、埼玉代表になれるかわからないし、そもそも県大会で走れるかどうかもわからない。
 もちろん、そういうことを言うのは少しも悪いことではないけれども、でも、それよりも、「頑張ったね。素晴らしかった!」で終わる方が、はるかに美しいですから。
 
 だから私も、こう言いました。
 
 「そう。好きなように生きればイイ。陸上だって、高校だって、やめちゃったっていいもんね~。『私、モテるに決まってるから、大学行って遊ぶ』でもイイじゃん。ひらりが学校出たら、スウ3、保険代理店やって、ひらりにも売らせりゃイイんだから。そうしたらオレも取締役で入って、受講生の受け皿が作れるし」
 
 そんな話をしてたら、高校を退学になったトシ君(私の息子)が泥酔して店に入って来ました。
 スウ3に「トシ君、久しぶりじゃん!」と言われて、元気に返事をして、一緒にビールを飲んでいました。
 それを見て、また三洞さんはちょっと泣きそうになりました。
 
 こういうのを「愛」って言う。
 件数が愛のはず、ネ~だろがっ!

質問・感想をお待ちしています



楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL