「お客様第一」って、どういう意味?

2014.6.19|「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」が効く理由 生命保険営業の本質!

「お客様第一」・・・お客さまがいなかったら契約にならないのだから、お客様が大切なのは当然のこと。

しかし、単に「お客様第一」なんて唱えたって、何の意味もありません。
契約が増えるわけでもないし、仕事のストレスが減るわけでもない・・・。

でも、こんなことを言う指導者、たくさんいますよね。

「お客様第一に考えて、気合を入れて頑張って売れば、売れないはずがない!」

ひっっっどいですね~。
呆れるばかりですね~。
これでは、何も言っていないのと同じでしょ?

「売れないはずがない」どころか、こんな人の指導を受けていたら、売れるはずがありません。


ということで、正しいマーケティングの考え方に基いた「お客様第一」の意味をお伝えしましょう。

「お客様第一」・・では、その「お客様」って、どんな人?
この問いに即答できないのなら、「お客様第一」はお題目でしかありません。

どんなビジネスでも、

●誰に
●何を
●どうやって売るのか

を明確にしなければ話になりません。
理論だの何だの、小難しいことではないですよ。
ただの、ものすご~く単純な、基本中の基本。

でも、その最初の「誰に」が答えられないわけですよね。
典型的な「顧客無視」「マーケティング不在」です。
・・売れるはずがありません。

だから、生命保険セールスの仕事を始めるにあたっては、第一にお客様を明確にしなければならない・・これが「お客様第一」の正しい意味です。

「お客様第一」には、もう一つ、大事な意味があります。
それは、「セールスのすべてのステージにおいて、お客様の立場に立った言葉を使う」ということ。

ものすごく単純な言葉で比較してみましょうね。

(A)生命保険は必要ですよ!
(B)生命保険は便利に使えますよ。

(A)は売り手の立場に立った言葉。
でも、(B)はお客様の立場に立った言葉です。
セールスのステージにおいては、常に(B)のような言葉を使い、(A)のような言葉を完全に排除する・・そのことによって効率が上がる=売上を増やすことが可能になります。

でも、台本もなしにテキト~に喋っていると(特に「応酬話法」などという、決してやってはいけないことを、ごく普通のことだと思っていると)、(A)の言葉をた~~~くさん使っちゃっているものなのです。

だから、セールスのすべてのステージにおいて、台本に書かれた台詞を、お客様の立場に立った言葉に置き換えなければならない・・これが「お客様第一」のもう一つの意味です。

要するに、お題目なんかはどうでもよくて、自分のビジネスについて、自分の頭でしっかりと考えることこそが、あなたの仕事なのです。

その上で、考えるためには、正しい理論が必要です。
パソコンを買っても、ソフトがインストールされていなければ使えません。
あなたも、あなたの頭の中に、ストレス少なく楽しく売り続けるための正しい理論をインストールして下さい。



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「14時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」



楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)



図解 モノを売る!プレゼンの極意成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する

生保セールス三者対談

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL