美少女がわざわざ花を持って来てくれました。
父の日だからだそうです。

父の日のプレゼントなんて、貰ったことも、あげたこともありません。
そもそも、今月、父の日というものがあるということすら知らないのに・・。

とにかく、大感激です。

さて。

何度も何度も何度~~~も書いていますが、私、「活動量」という言葉を聞くと、不愉快になります。
なぜなら、ほとんどの場合、その「活動量」なるものの中身がないから。


単に「活動量を増やせ」と言うだけじゃ、具体的に何をすればよいのか、その活動をするとなぜ契約が増えるのかが、全~~~然わかりません。
だから、言われたって、やり様がないですし、そんなこと言われたって、売上が増えないのは当然ですよ。

ホント、くだらね~な~と思うばかりです。

似たようなの言葉で「お客様との関係づくり」なる言葉があります。

「お客様との関係づくりは大切だ」・・・。

そういうことを口に出す指導者に質問します。
「関係づくり」って、どんな関係ですか?


♪一年生になった~ら~
 一年生になった~ら~
 友達何人できるかな♪

・・小学一年生じゃないんですからね。
まさか、友達になれって言うワケじゃないですよね。
友達になっただけでは、意味ないですから。

友人でもなく、恋人でもなく、不倫関係でもない。
信頼関係?
本当の信頼関係なんて、10回会うぐらいじゃ築けませんよ。

さあ、どんな「関係」を作ることが大切なんですか?
それをはっきり明言できなかったら、指導者の資格はありませんし、それでお金を貰っているのなら、恥ずべきことですよ。

私がはっきり答えを言いましょうね。

「ビジネスにおける効率的な関係」

これが正しい答えです。

マーケティング理論にそって・・なんて難しいことは必要ありません。
素直に、自分の頭で考えてみれば、簡単に正しい答えにたどり着きます。

見込み客と会った・・さて、どんな関係になるのが理想ですか?
「最初から『あなたの言う通りに保険に入ります』と言ってくれる関係」ですよね?

これを「そんなのはイヤ!」と言う人、居ます?
これが「理想の関係」なのは明らかでしょ?
だったら、そこをゴールに定めて「準備する」ことが、正しい「活動」なのです。

「そんなの、無理!」・・そう思う人も多いかもしれません。
でも、理想があって、そこに近付こうとするから、上達する・・どんな世界でも同じです。

A)5回会って、プレゼンテーションして、5回クロージングして、会ってから1年後に契約してくれる人。

B)1回会って、3日後にプレゼンテーションして、その場で契約してくれる人

「BよりもAが好き」っていう人・・居ませんよね。
誰しもBの方が好きなはずです。
だから、Bのようなお客様との「関係」を作ることが、正しい「お客様との関係づくり」でしょ?

つまりは「ビジネスにおける効率的な関係」ですよ。
それを作ることが大切なわけです。
そして、「そのためにはどうすればイイのか」を教えるのが、正しい指導です。


何か異論、あります?
正しい理論を持って異論を唱えられる人、居ます?

私は保険セールスになったばかりの時から、上記のBの人だけをお客様にしようと決めていました。
それは、自分の頭で素直に考えたからです。
そして、マーケティング理論を知っていたからです。

マーケティングの基本を知っている人からすれば、「お客様との関係づくり」なんて言葉は、漠然とし過ぎていて、何も言っていないのと同じですよ。
だから、そんな言葉を真に受けていたら、どっちに進んだらよいかがわからなくなるのも、当然のことです。


迷っているあなた、「活動量」だの、「お客様との関係づくり」だのといった、実体なき「お題目」のおかげで困っているあなた、是非「正しい理論」を知って下さい。



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「14時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」



楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)



図解 モノを売る!プレゼンの極意成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する

生保セールス三者対談

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL