最悪と最高の差

2017.10.20|生命保険営業の本質!

 先日、「最悪」と「最高」を経験しました。
 
 その日・・・相続の件で、友人と夕方に会ったのです。
 友人が、「最近、近くにできた店で、一度行ってみようと思ってたから、お前が来るなら丁度いいから、予約しておいた」と言います。
 
 おすすめのコースで、1人16000円。
 彼は、私が寿司屋のセガレだったころの友人ですし、彼も「下町の印刷会社の社長」ですから、気風のいい、男気のある、セコさなんかカケラも持ち合わせない男です。
 
 で、店に行って、彼が、ほんのちょっとした注文(注文まで行かないな。初めての店なので、ちょっとしたお伺い程度)をしたのです。
 そうしたら、「当店ではできない決まりになっております」と、店長なる男の、慇懃無礼で無能な返事・・・
 
 「ケツが痛くなっちゃうから、座布団もう1枚、ちょうだい」程度の、ほんのささやかなお願いです。
 でも、案内した女の子が困って聞きに行って、しば~~~らく待たされて、店長なる男が出て来て、「できない決まり」・・・
 
 まあ、それだけなら腹も立たないし、「ダメな店だな~」と思うだけで済んだのですよ。
 ところが店長、こう言ったのです。
 「決まりには従っていただかないと、こちらも何もできませんから」

 友人は、吹けば飛ぶような私と違って、185センチ100キロの男。
 暴れちゃったら・・・大変ですよ!
 でもね、元高校教師だから、分別も忍耐力もある。
 冷静に、私にこう言ったのです。
 「ごめんね・・・」
 
 そうなったら、短気な私が激怒しないわけがありません。
 でもね・・・怒鳴りませんでした。
 最近の色々な教訓によって、少しだけ成長できていたようです。
 
 店長なる人間に、こう言いました。
 「あのさ、それで俺たちが気分悪いってこと、わからないの?」
 店長の答えはこうでした。
 「そう教えられていますので」・・・
 
 そうしたら、友人は、黙って3万3千円をテーブルに置いて、おしぼりさえ使わずに店を出ました。
 
 
 ジブや、プルやソニーや、その他の追従の「顧客無視」の会社も、これとまったく同じですよ。
 
 「会社がそう言ったのです」
 「会社から言われた通りのことしかできません」
 「教わった通りにやったまでです」
 「あなたが、会社が決めた通りに動かないと、私には何もできません」
 「あなたの気分なんて関係ありません。教えらた通りにやっているだけです」
 「言うことを聞いてくれないと、サービスできません」
 
 まったく同じ!
 まったく同じ!
 まったく同じ!
 
 顧客にも従業員にも不幸しかもたらさない、憎むべき存在です。
 
 
 店を出てすぐに、タクシーを停めながら、私は友人に言いました。
 「行こう。次はオレが出すから」

 友人は、何も言わずににっこり笑って、「ごちそうさま」と言ってタクシーに乗りました。
 
 1か月ぶりの高級ホテルのバーは、「少々のお久しぶりですね」と、にこやかに私たちを迎えてくれました。
 私が、「ちょっと嫌なことがあって、胃がキリキリしているので、飲む前に胃薬を下さい」と言ったら、にこやかに笑ってドリンク剤をくれました。
 メニューには「ソルマック」なんて、どこにも書いてないのに。
 
 ああ、やっぱりここに来てよかった。
 また来よう・・・と思いました。

質問・感想をお待ちしています



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「16時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる12時間セミナー」


楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)



図解 モノを売る!プレゼンの極意成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する

生保セールス三者対談

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL