「先送り」の「技術」

2017.9.21|生命保険営業の本質!

 私が常に警鐘を鳴らしている「あなたを売れなくし、不幸にする、理論とは真逆の間違った教え」・・・セミナーでは結構たくさん提示しますが、その最後に、「さすがにここまでひどい教えは、地獄の7社しかしないけど・・・」と一応念押しをした上で、
 
 「すぐに提案しろ」「たくさん提案しろ」「まずはアポを取れ」・・・もう、ひど過ぎますよ・・・とだけ言います。
 
 もうホントね、ここまで行っちゃうと、「逝っちゃってる」のですよ。
 しかも、こういう会社に「限って」、設計書をプリントアウトすると金を取られる!

 これね、懇親会になる前・・・昼飯タイムで、常に双方(普通の会社の人と、地獄の7社の人)で、「え~っ!」て驚くんですよ
 どこまで行っても、何をやっても、契約者にもセールスレディにも金を払わない・・・そのためなら何でもする!
 しかもコミッションは「普通の会社」の6分の1!!!
 これが地獄の7社の実態です。
 

 でね、今日はそういう超低レベルの話をしたいんじゃなくて、「すぐに提案」の「すぐに」の部分の話。
 
 「仕事ができる人は決断と行動が速い」・・・これは当然のこと。
 でも、これでは雑駁な話であって、あくまでケースバイケースなの。
 
 例えば私、昔から仕事は超速いけど、でも、会社員ならともかく、生保セールスとして起業したら、やりたいことも、あまりやりたくないこともある。

 その上で、私たち生保セールスの、唯一のビジネス指標は「時間あたり売上」。
 本来は、それを管理するのがマネージャー。
 でも、マネージャーは、売れなくて生活費に困ったからマネージャーになったのだから、そんなやつに「時間あたり売上」が語れるはずも、管理できるはずもない。
 そもそも全~然勉強していないから、そんな「理論」さえも知らない。
 だから「もっと!」「活動量!」としか言えないのです。
 
 で、私たちの時間は、限られているのですよ。
 しかも、三洞さんのセミナーを受講した人は、みんな「半年経っても終わらない!」の、「やることが見え過ぎているから生じる、嬉しい悲鳴」の状態になります。
 
 そうなると今度は「時間管理」とか「行動管理」が必要になる。
 そのバイブルが「7つの習慣」だけど、そこに書かれていることをすぐに実践できたら・・・誰でも1億の年収が稼げます。
 コヴィー博士のこの本、書き上げた時の原題は「最速で100万ドル儲ける方法」だそうですから。
 
 私だって、かつては毎年、正月三賀日に読んでいたけど・・・そもそも目覚まし時計が嫌いな人間には、「時間管理」「行動管理」なんて、できるはずがありません。
 
 そんな人間なのに、どうして週3日未満の仕事で、300週間連続で契約を入れられたかと言うと、それは完全に「マーケティング理論」。
 正しい理論さえあれば、週に3日も働けば、1400万ぐらいなら稼げるのです。
 
 その上で。
 コヴィー博士が言っていることは「原理原則」です。
 いわば、最も階層が上のフォルダ。
 その下には、今はたくさんのフォルダがあって、細部を解説してくれています。
 
 これはね、わかりやすく言うと「インターネットビジネス」みたいなもの。
 かつて・・・楽天やヤフージャパンがネットショップビジネスサービスを開始した頃には、「ネットショップセミナー」(=「インターネットビジネスのセミナー」と言っているのと同じ)というタイトルのセミナーが開催されていました。私も受講したことがあります。
 
 でも、今時はそんなセミナーは皆無。
 「インターネットビジネス」のフォルダの下には、「ホームページ作成」「ブログ」「SNS」「アクセスアップ」「アフィリエイト」などさまざまな
 フォルダがあって、その下にも、それぞれ3階層ぐらいのフォルダがあるのです。
 
 「時間管理」「行動管理」も同様で、「7つの習慣」以降、ものすごくたくさんのフォルダができていて、細部について語られたり、もっと実行しやすくするための「言い換え」がされたり、ツールが開発されたり、国民性に合わせたシステム(日本だと「原田メソッド」)ができたり・・・ものすごく進化を遂げています。
 
 ・・・24年前よりも退化しているソニー生命、50年以上変わらぬ地獄の7社って、ホント「逝っちゃって」ますよね。

 だから「決断と行動を速くしろ」「先送りするな」というのは、上の階層のフォルダに入っている文書に書かれていることであって、今読んでいる「時間投資術」という本もそうだし、つい先日来たダン・ケネディのニュースレターにも書いてあったけど、「先送りの技術」って、とても大切になっているのですよ。
 
 「半年経っても終わらない」の状態だと、この「先送り」が上手にできなかったら、いつもアワアワしちゃって、幸せが増えませんからね。
 私なんか、ある分野に関しては、先送り、大好きですよ。その方法が明確になったのは、私の収益にとって、とても大きいのです。
 
 
 目覚まし時計なし、週に2日は二日酔いで戦闘不能の三洞でも、ここ3年ほどで、ようやくある程度の「時間管理」「行動管理」ができるようになりました。
 その要因は、
 
 ●年齢のせいで、長時間寝ていられなくなったし、二度寝ができなくなった

 ●秘書と社員ができた
 
 ●勉強と試行錯誤
 
 の3つです。
 
 「7つの習慣」を読んで、すぐにできる人なんて、滅多にいませんよ。
 ・・・それさえ読んでいないという人は、レジ打ちとか、ヤマトや日通の配達係に転職しましょう。ビジネスをする資格はありません。

 読んだけど、できない・・・それが普通です。
 でも、書いてあることがまさに真理であることは、あなたにも分かったはずです。
 
 でも、ありがたいことに、今は、たくさんの「下層フォルダ」があるのだから、そのフォルダに入っている本を読んで、やってみればイイのです。
 だって、自分に合った方法しか、できませんから!
 例えば私、前述した「原田メソッド」というのを買ったのです。今年の正月に。でも・・・3か月しか続きませんでした。
 ここで「知識」がないと、「ああ、自分はダメなんだ」だし、1つの方法しか知らない、1人の指導者しかいないと、「なぜお前はできないのだ!」「やる気がないからだ!」「ダメ人間だ!」になってしまいます。

 「行動」は、「自分に合ったもの」「自分にとって好ましい方法」でないと、できないのです。
 ましてやそれが、会社が強要する、「あなたを売れなくし、不幸にする、理論とは真逆の、間違った教え」であったら・・・必死になって逃げ出さないと、幸せはやって来ませんからね!

質問・感想をお待ちしています



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「14時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」



楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)



図解 モノを売る!プレゼンの極意成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する

生保セールス三者対談

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL