今日は結構仕事をしましたよ。

お手紙をたくさん書きました。
お店のお客様へのお礼と再来店の依頼、そして来月がお誕生日の方へのプレゼントのお手紙です。
画像は丁度1年前のもの。10時間セミナーへのお申込をいただいた方へのお礼状です。

身近な人にしか言ったことはないし、もちろんブログに書くのは初めてですが・・・告白しちゃいます。
私、今年(2014年)の年初までの約8年間、ほとんど仕事をしていませんでした。
それでもちゃんと食べて行けたのは、生命保険セールスのシステムが出来上がっていたからです。
その資産で8年間、遊んで暮らしたようなものです。

もっとも、3年半前から、親しい人には「そろそろ仕事をする」「今年から仕事をする」と言ってはいましたが・・さすがに5年も遊んでいたので、思いの外、リハビリに時間が掛かってしまいました。
今年からですよ、ようやく仕事ができるようになったのは。
いつも昼まで寝ていたのに、最近は8時のアラームが鳴る前に目が覚めます。

仕事を始めると・・・ホント、やることがたくさんあり過ぎて、到底追いつきません。
外になんか出ていられませんよ。
そんな気にもなれません。


そして、思い出しました。
生保セールスの仕事を一番していた頃、家族から、「父ちゃん、いつも家に居るよね」と言われたことを。


そう、当時、私は「仕事」をしていたのです。
意味のない訪問や、気休めの会合出席なんか、している暇はありませんでした。

だから、かなりの時間、家に居ました。
今と同じです。

生命保険セールスの仕事は頭脳労働です。
足なんか使って、仕事をした気になっているのは、怠けているのと同じです。
家から出るのは、頭脳労働と準備の結果、面談の機会を獲得したからであって、それはもはや「作業」でしかありません。
靴を履いたら、いつもと同じ作業をプロとして淡々とこなして、いつもと同じように一回で契約を取ってくるだけです。

つい先日、友人のスーパーセールスマンが店に遊びに来てくれました。
彼はまた一段とパワーアップしていました。
彼のホームページを見たら、その膨大かつ詳細なコンテンツの量に驚きました。
これを準備するために、彼はどれだけの時間、部屋にこもっていたのでしょうか。
想像すると、気が遠くなるほどです。
「足を使って」怠けている暇がなかったことは明らかです。

かつて、珍しい場面を目撃したことがあります。
セールスマンがビジネスバッグを持って、「行ってきま~す」と言ったら、最優秀営業所の所長様、こう言いました。
「おい、ちょっと待て! どこ行くんだ? 行くあてもないのに出掛けるんじゃない!」
図星でした。
そして、所長様、こう続けました。
「街をウロウロしてたって契約は取れネ~んだよ。ちょっと来い!」

そしてセールスマンはミーティングルームに連れて行かれました。
私はそこで事務所を出ましたが、その後、午前10時半から夜の9時まで、ミーティングは続いたそうです。
その時を境に、セールスマンは売れるようになりました。今ではソニーのエグゼです。

我々は頭脳労働者です。
頭を使うほど売れます。足を使うほど売れなくなります。
これはごくごく当然のこと。

では、どうやって頭を使うのか?
何を、どう考えればよいのか?
それを知る事は、セールスの基本であり、基本が欠如したままで売れるはずがありません。

理論にそった正しい生命保険マーケティングを、あなたもぜひ身に付けてください。



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「14時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」



楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)



図解 モノを売る!プレゼンの極意成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する

生保セールス三者対談

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL