なぜ売り上げが増えないのか?

2016.12.27|生命保険営業の本質!

先日の記事「Facebookで見込み客発見」に対して、多くの反響をいただきました。

そりゃそうですよね。
Facebookという身近で無料のメディアが、見込み客発見に使えると知ったら、多くの方が興味を持つのは当然ですから。

念のために言っておきますけど、募文がどうこう・・なんてことは、一切関係ないです。
「無視しちゃえ!」っていう意味じゃないですよ。
そもそも「募文」に該当するようなことを書いちゃったら、見込み客は見つかりません。

以前には、よくいたんですよ。
ブログに「皆さん、生命保険は難しいとおっしゃいますが・・」みたいなことを書いて、3つの保険の説明をしちゃう人が。
そんなものが通用したのは15年以上も前・・しかも一瞬のことです。

保険とか、貯蓄とか、家計や節約とか・・そういった「金の臭いがする事」を書いたら、反応はなくなるのです。
この点について勘違いしていた人は、上記を踏まえた上で、昨日のメルマガを再読してみて下さい。

ということで、本題。
先程、動画を撮りました。
「なぜ売り上げが増えないのか?」という、根本的な質問に答える動画です。

これは、ニュースレターへのアンケートに答えたもので、以前に14時間動画を撮る前のアンケートへのお礼として、2本の動画を撮ったのと同じです。

以前の動画はこちら。
まだ見ていない人は、ぜひご覧ください。

「なぜ見込み客が見つからないのか・・・2つの原因」

「見込み客発見のための具体的行動とは?」

そして、結論的な動画とオマケがこちら。

「楽しく、長く売り続けるために!」

「テレアポをやっている人へのメッセージ」

ということで、「売上を増やす」ということについて、順を追って考え、整理してみましょう。

何度も書いているように、ビジネスの結果を改善するためには「指標」が必要です。
指標とは「ラインあたり生産性」「店舗1平米あたり売上」「従業員1人あたり利益」みたいなやつ。

生保セールスの場合は、指標は1つしかなくて、それは「時間あたり売上」。
売上を仕事時間で割って、出て来た数字があなたの「時給」。
この時給を上昇させることで、あなたの収入が増える。

その上で、売上を増やすよりも時間を減らす方が簡単だから、時間短縮の策を常に実施しなければならない。それが収入に直結する・・・ということで、その時間短縮の方法を、以前に列挙したワケです。

ただし、時間短縮だけではダメで、同時に売り上げも増やさなければならない。
もちろん「指標」というものは正確で、今まで4時間掛かっていたことを2時間でできるようになれば、必然的に結果も2倍になるから、まずは時間短縮を「必死になって」行うことが先決なのですが。

以上を踏まえた上で、次は「では、どうすれば売り上げが増えるのか?」という話になるのですが、これは「なぜ見込み客が見つからないのか?」という話よりもはるかに大きなテーマになります。

なぜなら「見込み客発見」は理論だけれども、「売上アップ」は、理論だけじゃなくて、理論の前に「マインド」とがあって、理論の後に「スキル」が必要になるから。
それを全部喋ると、急いで喋っても、10時間とか14時間は掛かる・・・ということになります。

そうした、10時間とか14時間の話を、「なぜ?」という根本的なレベルに総括して喋っているのが、今回の動画なんですね~。

会社だと、こういう話を「活動量」「もっと!たくさん!」「やる気」みたいな言葉で片づけちゃう。
・・・誰もが最も知りたい話なのに・・・。

だから、多くの人が「何をすればよいのかわからない」と悩み、9割の人が3年以内に廃業してしまうのです。

ということで、喋っていることを長々と書いても意味がないので、動画をご覧ください。

【無料動画「なぜ売り上げが増えないのか」】

見たら、ぜひ感想を書き込んで下さいね。

で、1週間ぐらい経ったら、もう1本動画を撮ります。
「なぜ?」を受けて「どうすれば!」を言わないと意味がないですから。

お楽しみに~。



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「14時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」



楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)



図解 モノを売る!プレゼンの極意成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する

生保セールス三者対談

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL