ギネス公認の世界No.1セールスマン、ジョージ・ラードの「私に売れないものはない」の第2章が
「セールスマンは役者であれ!」

私の「図解 モノを売る!プレゼンの極意」の第2章が
「さあ、あなたは役者になるのだ!」

「正しい教えは正しいのだ!」と嬉しくなります。

そして。

図解 モノを売る!プレゼンの極意」の第3章は、第2章の「さあ、あなたは役者になるのだ!」の後を受けて、
「優位に立つ『見た目』を準備する」

上の画像の本、セールスマンのためのマーケティングバイブル、ダン・ケネディ大先生の「億万長者の不況に強いセールス戦略」の第5章は、
「自らを美しくパッケージングせよ」

やはり、正しい教えは正しいのです!

セミナーで知ったのですが、会社によっては、「ジャケット、ブレザー禁止。スーツのみ」などというクソバカな決まりがある会社も存在するらしいですね。
私、驚きました。

自分のお客様に合わせて、自分を、自分なりにパッケージする・・・これはものすご~~~く大事なことなのに、パッケージの幅を狭めるような規定があるなんて、「ウチの教えを聞いたら売れませんよ」と言っているのも同様です。

ダン・ケネディ先生はこう言っています。

「第一印象を支配するものがビジネスを制す」

「あなたの身に付けている服やアクセサリー、持っているブリーフケース、使っているペン、乗っている車のすべてが一体となり、あなたを助けてくれるかもしれない人、あなたを困らせるかもしれない人に、あるメッセージを伝えていると私は確信している。これを否定し、逆らい、無視するのは自殺行為なのである」


少々深遠な言い回しですね。
私らしく簡単に言うと、こうなります。

「お客様から見た重要度は、話の内容が7%。対して『見た目』は55%。だから『見た目』について深く考え、準備しなければ、売れないのも当然でしょ?」

「あなた、地味で目立たない格好をしていても、インパクトを与えられるほどのイケメン・美女なんですか?」

セールスマンは役者でなければならないのです。
役者なら、役柄に合った衣装が必要なのです。

では、どうすれば?

1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」では、その点についても、マーケティング理論と購買心理にそって、詳しく解説しています。

ともあれ、正しい教えは正しいのです!
間違った教えに染まったままでは、売れるはずなど決してありません。



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「14時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」



楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)



図解 モノを売る!プレゼンの極意成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する

生保セールス三者対談

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL