あなたの時給、いくらですか?

2016.9.15|生命保険営業の本質!

牧野さん、ご存知ですか?

今や生保セールス向け研修の重鎮といった存在です。
ホームページはこちら。

牧野さんの提供するメニューは法人向けがメインだけど、ホームページには個人向けサービスの案内も1つだけありました。

それを読んで、少々驚きましたね。
以下、冒頭部分のみ引用させていただきます。

〜〜〜〜〜〜
こんにちは!
ウイッシュアップの牧野克彦です。

あなたが今悩み苦しんでいることは、私も随分前に経験しました。
「もうムリかな〜」
「もうやめようかな〜」
そんな思いがいつの間にか私の頭の中を駆け巡っていました。
その頃の話を少しさせてください。

私は、ソニー生命入社半年後にお客様に「電話すら」できなくなってしまいました。
毎朝7時に家を出るのですが、訪問するあてはありません。
先ずは喫茶店でモーニングサービス。
その後2軒目の喫茶店に行ってしばらく時間を過ごします。

2軒目の喫茶店も居づらくなるので、10時からはパチンコ屋へ。
でもすぐにお金が無くなってしまい、河原で寝転がってしばらく過ごす。
そんな生活をしていました。

「このままではダメになる」・・心ではそう思うのですが、自分で行動を変えることはできません。

「このままでは飯が食えなくなるよ」
マネージャーや先輩は私を励ましてくれるのですが、それが更にプレッシャーになって益々落ち込んでいく。
そんな悪循環に陥ってしまいました。
だって、頑張れと言われて頑張れるくらいなら、もうすでにじゅうぶん頑張っていたから。

最後は心理カウンセラーに通い、やっとのことで立ち直りました。
本当に苦しかったです。
私は、そんな経験をしました。
〜〜〜〜〜〜

う〜ん・・お会いした時にもチラッと話は出ましたが、牧野大先生でもこういう時期があったのか!・・って思います。

上記を読んで「今まさにそう!」って共感できちゃう人・・たくさん居るはずですよね。

でもね、上記に続く文章は、以下。

〜〜〜〜〜〜
今では、本も6冊出版し、毎年100回を超える研修や講演会をし、現役トップ営業(MDRT20回登録)として頑張っています。
〜〜〜〜〜〜

これ、同じ人ですよ。
喫茶店2軒ハシゴして、パチンコやって、河原で寝転がっていた人が、今では毎年軽〜くMDRTに入って、業界最高峰の法人向けセールス研修をやってる。

あなたが知りたいのは、その間の変化ですよね。
何がきっかけで、何を知って、どうやって変わったら、売上が激変したのかってこと。

そこを、牧野さんは法人主体だし、牧野さんだと「牧野だからできた」って言われちゃうから、「理論とシステム」の三洞が喋らないか・・というオファーを頂戴したわけです。
もちろん「五十田でもできたのだから」は、説得力あるし。

で、「その間の変化」を、と〜っても簡潔に書いちゃうと、

1、マインドを変える(起業家意識を持つ)。
2、やり方をすべて変える(マーケティング理論に沿って)。
3、ビジネスの指標を持つ。

になっちゃう。

もちろん、全部喋ると14時間でも足りないのですが(牧野さんの個人向け研修も丸2日だった)、はっきりと認識すべきことは、牧野大先生でさえ、会社の教えるやり方をやってたら、喫茶店ハシゴして、パチンコやって、河原で寝転がっちゃう状態になってしまうワケですよ。
その結果が、9割廃業なのです。これは明白な「事実」。

だから、転職意識、帰属意識はキレイさっぱり捨て去って、自分の意思で正しい理論を学んで、「9割廃業」の教えとは真逆の、正しいビジネスをしなかったら、絶対に絶〜〜〜対に売れないのです。

で、その内容を、こうしてメルマガで200回以上も書いているワケですが、今日は上記の3「ビジネスの指標を持つ」について、ちょっとだけ書いてみようと思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-20-14-54教科書はこちら。

☆「屁理屈なし! 社長のための時間の使い方」ダン・ケネディ

何度でもしつこく言いますが、あなた、社員じゃなくて社長ですからね。
社長をやりたくない人は、すぐに転職しましょう。
帰属意識で売れるなら、廃業する人なんているはずありません。

では、引用します。

〜〜〜〜〜〜
 ・・例えばこれを書いている時点で、私が顧客の所まで出向いてコンサルティングした場合、1日あたりの基本額は8300ドルだ。しかし顧客にこちらに来てもらえば、7800ドルで済む。なぜか? 私にとっては家にいることが、それだけの金額に相当する価値を持っているからである! つまり、時間をお金で買っているのだ。(中略)
 どういうやり方であろうと、ビジネスで求められるのはレバレッジだ。仕事の生産性という観点から言えば、要するに、あなたの1時間あたりの基本料金と、1時間に得られる金額の差がレバレッジになる。あなた自身が有効に働けているかどうかを評価する良い方法の1つが、1週間、絶えずこの差額を計算、モニタリングしていくことである。
〜〜〜〜〜〜

私のセミナーの【Section8】は「誰にでも無理なくできる目標設定と行動計画」ですが、冒頭でいつも、こんなことを言います。

「これ、昔から私を知ってる人が聞いたら、『お前がそんなことエラそうに喋るの』って言われちゃうと思う。だって、自分を律することができないし、そもそもダラダラ大好きだし、夢が『目ざまし時計のない生活』で、今はそれを実現できたことがとっても嬉しいから。起きた時が起床時間だしね。でも、そんな私でも300週間連続で契約を入れられた行動計画です」

でね、私たちは「社長」として「ビジネス」をやっているのだから、例えば「ラインあたり生産性」「店舗あたり売上」「一人あたり利益」のようなビジ
ネス指標を持たなければなりません。

それが「今月はこれしか売れなかった」「今年はまあまあ売れた」みたいな、ビジネスとは呼べない「原始的どんぶり勘定」だから、ビジネスとして成立せず、廃業になっちゃうのです。

ただし、幸いなことに、私たちの指標は、基本的にはたった1つしかない。
それは「時間あたり売上」。

本来は、その数字を管理して、具体的な改善策を出す人を「マネージャー」と呼ぶのですが、知識・意識レベルが幼稚園児程度の人ばっかりだから、そんな思考はまったくなく、幼稚園児がおやつをねだるように繰り返すのです。
「もっと」「たくさん」という言葉を!

わかりやすく言うと、私のように「週3日だけ保険の仕事をする」と決めている人なら、週の仕事時間を2倍にすることが可能ですが、ほとんどの人にとっては、それは無理ですよね。
それなのに「もっと」「たくさん」と言うのは、「家族なんて放っておけ」「家事なんてするな」「趣味の時間? フザケルナ!」「寝るな」って言って
いるのと同じなんですよ。

そういう、そもそも不可能な教えに従属しちゃうから、苦しい思いばっかりで、結局は廃業になっちゃうのです!

売上を上げるためには、「時間あたり売上の効率化」しか、方法はないのです。
同じ仕事時間で契約件数を2倍にするしかない。
その実現のためのスタートラインは「自分の時給を知ること」。
それがなかったら、絶対に「改善」はできないのです。

だから「正しい教え」は、端的な一言であっても、正しいのです。

「行くとこないなら行くな」
「たくさんの人に会っちゃダメ」
「靴を履いたら単なる作業。仕事は机の上にある」(以上、三洞)

「街をフラフラ歩いたって、契約なんか取れネ〜んだよ。戻って来い」
(ササイさん)

「自分は、酒飲んでたってメシ食ってたって相撲見てたって、全部仕事ですからね・・たまに記憶がない時もありますが」(ジョニーちゃん)

「ボクは、活動量じゃなくて『思考の量と質』のタイプですから」
(ホンマちゃん)

どれもが「時間あたり売上」を上げる言葉なのです。


さて、あなた、「あなたの時給は?」って聞かれて、即答できます?
パートのレジ打ちのおばちゃんだって、即答できますよ。

あなたのビジネス、それ以下になっちゃってませんか?



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「14時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」



図解 モノを売る!プレゼンの極意【PDF教材】

成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

家計支援のための参考書。こちらも2万部完売の復刻版。
お金の意識革命~家計が変わる、人生が変わる!


【動画教材】
生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する」

楽しく売り続ける男3人が、2時間半にわたってセールスを語る。
生保セールス三者対談『売れるヒケツは“オレを見て!”』



生命保険セールスのためのメルマガ「生命保険セールスの本質」登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)


コメント一覧
  • 初めまして。
    大分でアクサ生命の営業をやっています渕野良太と申します。
    入社して9ヶ月、最初の3ヶ月だけイニシャルで売れて行き先が無くなり、廃業寸前の者です。
    支社長やマネージャーのアドバイスを聞いても腑に落ちず、業績は下がる一方。
    活動量が足らないからだ、アポをとらないからだ、後は気合いだと言われ続けてます。

    会社の言うことを聞いてもダメじゃん。
    活動量って言われても、行き先ないのにどう活動量を埋めりゃいいんだ?と悩んで、本やネットでしばらく彷徨ってました。
    で、ようやく五十田さんのところに辿りつき
    YouTubeを見て内容に泣きそうになりました。
    やっと本物に巡り会えたと思いました。
    ありがとうございます。


    2016年9月25日 2:02 PM | 渕野良太 | このコメントに返信

  • バカどもは、自分が被害者であること、勉強しない怠け者だということを認識していないのです。
    ただし、あなたは起業家です。何も言わせないぐらい売るか、環境を変えるかしかありません。
    「行動」して幸せになりましょうね!


    2016年9月25日 9:46 PM | info@3dou.net | このコメントに返信

  • 同じア◎サ生命、別営業所で営業してます。渕野さん、自分も最近五十田さんのブログに辿り着いて、試行錯誤してる日々です。当初から自分は会社のやり方はあまり鵜呑みにしてなかったのですが。
    ただ基本的な事は同じなのでどうしても、「廃業寸前」の生保営業マンの動きになりますよね??
    「何も言わせないくらい売る」を信念に、日々考え、行動…やって行きましょ〜!!


    2016年10月4日 12:45 PM | 松橋 | このコメントに返信

この記事にコメント

*

トラックバックURL