足を使え?サッカー選手じゃあるまいし・・・

2014.2.17|あなたを売れなくする「間違った教え」

「足を使え」「営業は足で稼げ」・・・

こういうクッサい、ダッサい、バカなことを言っている指導者が、今のこの世の中にいるのか?・・・という気がしますけど・・・実際は結構いらっしゃるようですね。

サラリーマンなら仕方ないですよ、ある意味。
本質的には間違ってますけど、担当するクライアントが決まっていて、そこに通うしかないなら、給料を貰っている以上、足を使って通って、何らかの可能性を見出すしかない場合もあるでしょう。

しかし!
個人事業主の生命保険セールスの場合は、全~~~然トンチンカンな、バカ丸出しの、理論とは真逆の、ビジネスの基本すら知らない人間が口にする、「あなたを売れなくし、不幸にするアドバイス」でしかありません。


そもそも、サッカー選手でもマラソン選手でも競歩の選手でもないのですから、足を使ったって、何の意味もないですよ。
・・・使いようがないし。

私、「足を使え」なんて言葉を口にする人に、質問してみたいですね。
「足を使う」とは、具体的に、一体どういう状況において、どういう行動をすることを指しているのか・・・。
どんな行動をすると、どんな結果につながるのか・・・って。

ちょっと、想像しても思いつかないです。

結局は、中身の何もない言葉・・・掛け声のようなものでしかありません。
掛け声なら、「ファイト~!」「楽しく行こうぜ!」みたいな言葉の方がはるかにマシです。
だから、「足を使え」なんて言葉を、もっともらしく、偉そうに言う指導者が今の世の中にいるとしたら、それは弊害でしかありません。

我々は、頭脳労働者なのです。
足ではなく、頭を使うことが仕事です。

頭を使っている段階が、本来の「仕事」であって、足を使う段階になれば、もはやそれは「作業」です。
プロとして淡々と美しく作業をこなし、契約を取るだけのこと。

その前の段階でしょ? あなたの課題は。
その前の段階の「すぐに気持ちよく契約してくれる、正しい見込み客の発見」で困っているワケでしょ?

そう、それを考えるのが、あなたの「仕事」。
仕事しないで、足使ったって、売れるはずがありません。
だって、「仕事」をしていないのだから。

その部分について語らない「教え」は、ただのたわごとか、掛け声でしかありません。
頭を使って「正しい仕事」を行うためには、思考の基礎となるマーケティング理論がなかったら、できるはずがないのです。



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「14時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」



楽しく長く売り続けるためのメルマガ 「生命保険営業の本質」 登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)



図解 モノを売る!プレゼンの極意成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する

生保セールス三者対談

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL