驚異的に売っている人たち

2015.7.12|生命保険営業の本質! 【必読図書!】読まずに売れると思ってますか?

「売りたい。でも、何をどうしたらよいのかが明確でない」・・・そういう人、たくさんいらっしゃると思います。

先週、出不精の私が、珍しく一泊旅行に行って来ました。
かつて在籍していた、ソニー生命の支社の「コンテスト終了慰安飲み会&ゴルフコンペ」です。

いやはや、驚きました。
ササイさんが支社長様になって、何と、支社全員入賞!
営業所じゃなくて、支社全員入賞ですよ!
そんなの、聞いたことありません。

平均生産性はもちろんブッチギリの全国1位で、2位の約2倍の数字だとか。
当然、私がかつて居た営業所(ナカモト組)も全員入賞ですが、全6週間のコンテストで、3週目には全員入賞。しかも、3段階の賞の一番下で入賞した人がゼロだそうです!

6週間で500万(初年度手数料の合計額)稼いで、ようやく平均の数字だとか。
「オレ、居なくてよかったよ。居たら無理!」って言いましたけど、これ、謙遜じゃなくて、ホンネです。

正しい教育、売れる指導、売れる雰囲気ってのは、すごいものですね~。


でも、こうした状況はまさに奇跡的であって、通常はこうは行かない。
「言われた通りにやってれば、自分だってみんなみたいに売れる」って素直に信じられる環境なんて、ないですから。

では、どうすれば?
勉強する以外に、方法はありませんよ。
これ、簡単な話です。

先日、一度に2つ、セミナーを買ってしまいました。
2つで丁度50万円。
セミナーや動画に生かすための投資です。

1つは、以前から紹介しているリッチ・シェフレンのセミナー。
バイブルは今でも550円で手に入るそうです。まだの方は是非入手して下さい。

☆「インターネットビジネスマニフェスト 完全版DVDブック」☆ 

そこで、素晴らしいことが語られていました。
「やることを増やしてはいけない。増やせば増やすほど売れなくなる」って。

これを生命保険営業に置き換えると、

1、活動量を増やしてはいけない
2、ノウハウを収集してはいけない

ってことなんですね。詳細は省略しますが。

で、誤解なきようにしっかりと書いておきますが、活動しなかったら売れないのは当然ですよ。
でも、ただ単に「活動量!」って言うのは、売れない方向に進んじゃう。
だから私は常に完全否定みたいな言い方をしているのです。危険だから。

驚異的に売っているかつての仲間たちと2日間一緒に居て感じたのは、「理論を持って、自信を持って、たくさんジタバタしてる」
ってことでした。

闇雲に「活動量」って言ったって、何をどう活動すればいいのか全然ワカランし、そんなことしたら効率が下がって売れなくなるのは、ごくごく当然のことです。
同様に、勉強するって言っても、それが単なるノウハウ収集だと、やることばかりが増えちゃって、効率が低下し、売れなくなる。
理論があって、周囲の全員が「それをやれば売れるという実例そのもの」だから、自信を持って活動することができるワケですよ。

だからね、筋道の通った、納得できる理論をお勉強しないとダメなんですよ。
そうしないと、混迷が深まっちゃいますからね。


旅行中に「オレ、居なくてよかったよ。居たら無理!」って言ったら、「いやいや、五十田さんなら、居たら絶対やってますよ」って言っていただけたけど・・居たらきっと、やってるんでしょうね、私も。

馬鹿話もいっぱいしたし、乱痴気騒ぎもケタ外れだけど、「保険を売る話」が一番盛り上がるし、続くんですよね。
そういうのって、ホント、すごいし、素晴らしいと思います。
そして、そういう人たちがいつまでも仲間扱いしてくれることを、この上なく幸せなことだと、心底思っています。

あなたも、こっちの仲間に入りませんか?
楽しいですよ!



あなたの人生の大切な時間を無駄にしないために!

「14時間で一気に売れるようになる動画セミナー」

「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」



図解 モノを売る!プレゼンの極意【PDF教材】

成約率8割、クロージング不要!
図解 モノを売る!プレゼンの極意

2万部を完売した本をPDFにて販売。
本当のプロが教える~生命保険の正しい見直し方

家計支援のための参考書。こちらも2万部完売の復刻版。
お金の意識革命~家計が変わる、人生が変わる!


【動画教材】
生命保険セールスのマーケティングを詳細に解説。
目指せ、入れ食いセールス! 超効率販売はこうして構築する」

楽しく売り続ける男3人が、2時間半にわたってセールスを語る。
生保セールス三者対談『売れるヒケツは“オレを見て!”』



生命保険セールスのためのメルマガ「生命保険セールスの本質」登録

お名前 (必須) *ご本名にて姓名を記載下さい。

メールアドレス (必須)



photo by lwpkommunikacio

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL